藤田嗣治「異邦人」の生涯

講談社文庫
フジタツグハルイホウジンノショウガイ
  • 電子あり
藤田嗣治「異邦人」の生涯
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ピカソ、モディリアニ、マチス…世界中の画家が集まる1920年代のパリ。その中心には日本人・藤田嗣治の姿があった。作品は喝采を浴び、時代の寵児となるフジタ。だが、日本での評価は異なっていた。世界と日本の間で、歴史の荒波の中で苦悩する巨匠の真実。第34回大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。(講談社文庫)


世界中を熱狂させた日本人画家の真実!!

ピカソ、モディリアニ、マチス…世界中の画家が集まる1920年代のパリ。その中心には日本人・藤田嗣治の姿があった。作品は喝采を浴び、時代の寵児となるフジタ。だが、日本での評価は異なっていた。世界と日本の間で、歴史の荒波の中で苦悩する巨匠の真実。
第34回大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。

目次

  • プロローグ──空白の自伝
  • 第一章 修行時代
  • 名門の子
  • 東京美術学校
  • 見知らぬパリ
  • 貧乏仲間
  • キキ
  • デビュー前夜
  • ピカソが見ている!
  • 第二章 パリの寵児
  • 狂乱の時代
  • 絶賛された裸婦像
  • 華麗なる日々
  • フェルナンドとユキ
  • 「軽薄な宣伝屋」
  • パリの日本人社会
  • 「乳白色の肌」の秘密
  • 第三章 皇国の画家
  • 数奇な運命の絵画
  • 十七年ぶりの帰国
  • 彷徨
  • 大壁画と「幻の映画」
  • 「戦争を背負って歩く男」
  • ノモンハンへ
  • 最高傑作
  • 戦争画と芸術と
  • 第四章 さらば日本
  • GHQからの使者
  • 不毛な論争
  • 「灰色の証言」
  • 永遠の別れ
  • 戦争画の

製品情報

製品名 藤田嗣治「異邦人」の生涯
著者名 著:近藤 史人
発売日 2006年01月13日
価格 定価 : 本体695円(税別)
ISBN 978-4-06-275292-3
判型 A6
ページ数 432ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’02年11月、小社より刊行。

オンライン書店で見る