海霧(上)

講談社文庫
ウミギリジョウ
  • 電子あり
海霧(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

幕末の佐賀に生まれた幸吉は、米問屋に奉公に出るが、「新しい時代の産物」石炭に魅せられ、坑夫となってエゾ地へと渡る。広大な未開の地にあって、己の力と才覚で新しい人生を切り開いていくのだった……。幕末から明治、昭和へと、激動の時代をひたむきに生きた著者の血族を描いた物語。吉川英治文学賞受賞。


吉川英治文学賞受賞作!
北の地を拓(ひら)く一族を描く。

幕末の佐賀に生まれた幸吉は、米問屋に奉公に出るが、「新しい時代の産物」石炭に魅せられ、坑夫となってエゾ地へと渡る。広大な未開の地にあって、己の力と才覚で新しい人生を切り開いていくのだった・・・。幕末から明治、昭和へと、激動の時代をひたむきに生きた著者の血族を描いた物語。吉川英治文学賞受賞。

目次

  • 肥前の男
  • おさよ
  • 久寿里
  • 隣人
  • 飛雪
  • 北洋商会

製品情報

製品名 海霧(上)
著者名 著:原田 康子
発売日 2005年10月14日
価格 定価 : 本体667円(税別)
ISBN 978-4-06-275215-2
判型 A6
ページ数 448ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2002年10月に小社より単行本『海霧』上・下巻として刊行されたものを上・中・下の三巻に分冊した。

オンライン書店で見る