お菓子放浪記

講談社文庫
オカシホウロウキ
  • 電子あり
お菓子放浪記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

天涯孤独のシゲル少年の心を支えたのは、甘いお菓子への憧憬だった――戦争の敗色濃くなりゆく時代を背景に、過酷な運命を生きる少年の姿を描いた永遠のロングセラー。著者自身が体験した辛苦、絶望の中でも失わなかったささやかな希望を、人間愛の讃歌へと昇華させた感涙の物語。


山田洋次監督も惚れ込んだ!
酷くて哀しい物語なのに、何故こんなにユーモラスなのだろう

時を経て輝く不朽の名作、初の文庫化

天涯孤独のシゲル少年の心を支えたのは、甘いお菓子への憧憬だった――戦争の敗色濃くなりゆく時代を背景に、過酷な運命を生きる少年の姿を描いた永遠のロングセラーが30年を経て文庫版で初登場。著者自身が体験した辛苦、絶望の中でも失わなかったささやかな希望を、人間愛の讃歌へと昇華させた感涙の物語。

目次

  • プロロォグ わたしの こどもたちへ
  • 第1章 二つの菓子パン
  • 第2章 お菓子の好きなパリ娘
  • 第3章 創立記念日のお菓子
  • 第4章 十五歳のバラード
  • 第5章 われにむかいて光る星
  • 第6章 床下からの青草
  • 第7章 ホンモノとニセモノ
  • 第8章 すばらしいプレゼント
  • 第9章 紋三郎一座旅日記
  • 第10章 名も無き者の花道
  • 第11章 燃えないいのち
  • 第12章 めぐりあいの中で
  • エピロォグ 顕微鏡の目と心で
  • 文庫版のあとがき

製品情報

製品名 お菓子放浪記
著者名 著:西村 滋
発売日 2005年07月12日
価格 定価 : 本体695円(税別)
ISBN 978-4-06-275141-4
判型 A6
ページ数 414ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’76年に理論社から単行本として刊行され、’94年10月に同社から新装版として刊行。

オンライン書店で見る