北海道警察の冷たい夏

講談社文庫
ホッカイドウケイサツノツメタイナツ
  • 電子あり
北海道警察の冷たい夏
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

覚せい剤の使用で、現職の警部が逮捕されるという不祥事に揺れた、北海道警察。だが、事件の深層を知る男たちが、不可解な死を遂げ、本当の「悪」はまだ姿を現していない。拳銃摘発の切り札といわれた警部は、なぜ覚せい剤に溺れたのか。取材現場から警察組織の腐敗臭が漂いはじめた――。衝撃のノンフィクション。警察の腐敗をえぐり出せ!
〇佐野眞一 行間から立ちのぼる警察組織のすさまじい腐臭。これは、北海道警だけの問題ではない。

製品情報

製品名 北海道警察の冷たい夏
著者名 著:曽我部 司
発売日 2005年02月15日
価格 定価 : 本体733円(税別)
ISBN 978-4-06-274999-2
判型 A6
ページ数 424ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2003年9月、寿郎社より単行本として刊行。登場する年齢・肩書きは取材当時のもの。

オンライン書店で見る