大増補版 おあとがよろしいようで

ダイゾウホバンオアトガヨロシイヨウデトウキョウヨセオウライ
著:橘 蓮二 監・文:高田 文夫
大増補版 おあとがよろしいようで
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

この人たちのほかに載っているのは誰?

小さん、志ん朝去って、東京落語は衰退しつつあるのか? 心配ご無用、そんなことはございません。それが証拠に、昭和の末、寄席の空気をみごとに切り取った伝説の文庫写真集が、新しい芸の息吹も爽やかに、大増補して戻ってまいりました。上方の名人の高座も入った賑々しさ。どうか手に取ってご覧あれ。

製品情報

製品名 大増補版 おあとがよろしいようで
著者名 著:橘 蓮二 監・文:高田 文夫
発売日 2005年01月14日
価格 定価 : 本体952円(税別)
ISBN 978-4-06-274964-0
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1996年10月、ちくま文庫より刊行された『おあとがよろしいようでー東京寄席往来』を増補したもの。なお204ページまでの師匠たちのお名前は、1996年現在のものです。