背く子

講談社文庫
ソムクコ
  • 電子あり
背く子
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「3歳の娘に何が分かるか」と言い放ちセックスに励む父母を見て、3歳の春日は思う。大人はあまりに子を見くびっている…自己中心的な父(ダーリン)と母(マーミー)との生活、親戚間の妬みや諍い、子供同士の理不尽な人間関係を、3歳から6歳までの少女の素朴で冷やかな視線から描く、ユーモアと哀感漂う芥川賞作家の傑作長編。(講談社文庫)


親の秘密もセックスも子供は全て知っている。

「3歳の娘に何が分かるか」と言い放ちセックスに励む父母を見て、3歳の春日は思う。大人はあまりに子を見くびっている…自己中心的な父(ダーリン)と母(マーミー)との生活、親戚間の妬みや諍い、子供同士の理不尽な人間関係を、3歳から6歳までの少女の素朴で冷やかな視線から描く、ユーモアと哀感漂う芥川賞作家の傑作長編。

目次

  • 1 祈り
  • 2 煙草
  • 3 家
  • 4 警察
  • 5 チロ
  • 6 手
  • 7 豚の子
  • 8 顔とからだつき
  • 9 猫のおばあちゃんの家
  • 10 赤く尖った爪
  • 11 馬鹿
  • 12 もうひとりの母親
  • 13 食べること
  • 14 悪夢
  • 15 買い物
  • 16 かすかな怒り
  • 17 髪
  • 18 痣としっぽの跡
  • 19 隣の隣
  • 20 お兄さん
  • 21 灯籠
  • 22 仕事
  • 23 敵
  • 24 ブランコ
  • 25 毒
  • 26 電話
  • 27 あまえる
  • 28 貢ぐ
  • 29 松葉ぼうき
  • 30 宴会
  • 31 弟と死
  • 32 幼稚園
  • 33 母の日
  • 34 おやつ
  • 35 父の日
  • 36 ブルドッ

製品情報

製品名 背く子
著者名 著:大道 珠貴
発売日 2004年11月16日
価格 定価 : 本体619円(税別)
ISBN 978-4-06-274927-5
判型 A6
ページ数 392ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2001年9月に小社より刊行された作品です。

オンライン書店で見る