天を衝く(2)

講談社文庫
テンヲツク
  • 電子あり
天を衝く(2)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

陸奥武者の熱き魂、戦国の隠れた豪傑、南部家棟梁が二代続けて怪死する激乱の事態。「北の鬼」九戸政実(くのへまさざね)は、南に目を向けながらも、南部一族内の権謀術数が蠢く陸奥(みちのく)に縛られていた。織田信長が殺され、伊達政宗が台頭する。天下人となった豊臣秀吉は、20万の兵を率いて東へ進軍をはじめた。戦国時代の知られざる豪傑の波瀾の人生はいかに――。(講談社文庫)


陸奥武者の熱き魂、戦国の隠れた豪傑、南部家棟梁が二代続けて怪死する激乱の事態。「北の鬼」九戸政実(くのへまさざね)は、南に目を向けながらも、南部一族内の権謀術数が蠢く陸奥(みちのく)に縛られていた。織田信長が殺され、伊達政宗が台頭する。天下人となった豊臣秀吉は、20万の兵を率いて東へ進軍をはじめた。戦国時代の知られざる豪傑の波瀾の人生はいかに――。

製品情報

製品名 天を衝く(2)
著者名 著:高橋 克彦
発売日 2004年11月16日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-274916-9
判型 A6
ページ数 528ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2001年10月に小社より刊行されました『天を衝く』上下刊を三分冊にした第二巻です。

オンライン書店で見る