美貌の帳 建築探偵桜井京介の事件簿

講談社文庫
ビボウノトバリケンチクタンテイサクライキョウスケノジケンボ
  • 電子あり
美貌の帳 建築探偵桜井京介の事件簿
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

美しさは罪なのか? 修羅の舞台の幕が開く

伝説の名女優・神名備芙蓉(かんなびふよう)が28年ぶりに復活。伊豆の会員制高級ホテル(オテル・エルミタージュ)で三島由紀夫の『卒塔婆小町』を演じ、老婆から美女へ見事に変身してみせる。だがその後、演出家の失踪、ホテルオーナー天沼龍麿(あまぬまたつまろ)の館の放火、芙蓉への脅迫と怪事件が相次ぎ、さらなる惨劇が!? 京介の推理が40年に亘る愛憎を解く!

目次

  • プロローグに代わる三通の手紙
  • 幻影の明治
  • 隠れ処という名のホテル
  • 伝説のひと
  • 群 衆
  • 舞台の奇跡
  • パンドラの匣
  • 探偵ごっこ
  • 密やかな聖域
  • 恋歌文
  • 火魔跳梁
  • 甦る幻影
  • 仮面劇場
  • 人はなにを語り得るか
  • セイレーンの遺言
  • エピローグ──夢の帳

製品情報

製品名 美貌の帳 建築探偵桜井京介の事件簿
著者名 著:篠田 真由美
発売日 2004年09月14日
価格 定価 : 本体752円(税別)
ISBN 978-4-06-274859-9
判型 A6
ページ数 552ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’98年5月、講談社ノベルスとして刊行されました。文庫化にあたり、一部改筆いたしました。

オンライン書店で見る