失敗学のすすめ

講談社文庫
シッパイガクノススメ
  • 電子あり
失敗学のすすめ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

“成功の母”がここにある! 創造力が高まりミスが減るノウハウ。恥や減点の対象ではなく、肯定的に利用することが、失敗を生かすコツ。個人の成長も組織の発展も、失敗とのつきあい方で大きく違う。さらに新たな創造のヒントになり、大きな事故を未然に防ぐ方法も示される――。「失敗は成功の母」を科学的に実証した本書は、日本人の失敗に対する考えを大きく変えた!

目次

  • プロローグ 失敗に学ぶ
  •  失敗は成功の母
  •  陰の世界の情報伝達
  •  なぜ致命的な失敗が続くのか
  •  失敗のプラス面に目を向けよう
  • 第一章 失敗とは何か
  •  「人間が関わっている」「望ましくない結果」、それが失敗
  •  「失敗学」が生まれた理由
  •  なぜ失敗に学ぶ必要があるのか
  •  社会を発展させた三大事故
  • 第二章 失敗の種類と特徴
  •  失敗には階層性がある
  •  よい失敗、悪い失敗
  •  失敗原因を分類する
  •  大失敗を誘発する樹木構造
  • 第三章 失敗情報の伝わり方・伝え方
  •  失敗情報は伝わりにくく、時間が経つと減衰する
  •  失敗情報は隠れたがる
  •  失敗情報は単純化したがる
  •  失敗原因は変わりたがる
  • 第四章 全体を理解する
  •  解を求める学習で得た知識と体感学習で得た知識は違う
  •  日立での貴重な二年間
  •  空母大鳳はなぜ爆発したか
  •  まずは行動してみよう
  • 第五章 失敗こそが創造を生む
  •  論理的思考のウソ
  •  思考平面上にアイデアの種が落ちてくる
  •  大切なのは「仮想演習」をすること
  •  アイデアの種は大胆に切り捨てる
  • 第六章 失敗を立体的にとらえる
  •  「潜在失敗」を含み損としてとらえる──経済と失敗
  •  「訓練失敗」を組み入れる──人の心理と失敗
  •  懲罰的賠償制度と司法取引──法律と失敗
  • 第七章 致命的な失敗をなくす
  •  技術の成熟と利益追求
  •  すべての組織が陥る病
  •  「まさかこんなことが起こるとは思わなかった」のウソ
  •  局所最適と全体最悪
  • 第八章 失敗を生かすシステムづくり
  •  二万個の失敗情報を集めても意味はない
  •  必要な失敗情報は最大三百個
  •  知識と経験を与える場づくり
  •  失敗を生かすと得になる仕組み
  •  失敗博物館
  • エピローグ 失敗を肯定しよう
  •  日本企業の抱える病根
  •  マネ文化の限界
  •  そして失敗は続く
  • あとがき
  • 文庫版あとがき

製品情報

製品名 失敗学のすすめ
著者名 著:畑村 洋太郎
発売日 2005年04月15日
価格 定価 : 本体610円(税別)
ISBN 978-4-06-274759-2
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2000年11月に小社から単行本として刊行。

関連シリーズ

オンライン書店で見る