泪壺

講談社文庫
ナミダツボ
  • 電子あり
泪壺
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「わたしを壺にして、側においといて」。癌に冒されて逝った最愛の妻を骨灰磁器(ボーンチャイナ)として遺した男。一周忌を過ぎ、男の前に現れた女性は、その壺に戸惑いを隠せない。表題作のほか、会社の上司との愛と別れを描く『マリッジリング』、手の移植手術から過去の女を振りかえる『握る手』など愛と性を抉(えぐ)る珠玉の短篇集。


私の骨で花瓶をつくって…妻が遺した最期の願い

「わたしを壺にして、側においといて」。癌に冒されて逝った最愛の妻を骨灰磁器(ボーンチャイナ)として遺した男。一周忌を過ぎ、男の前に現れた女性は、その壺に戸惑いを隠せない。表題作のほか、会社の上司との愛と別れを描く『マリッジリング』、手の移植手術から過去の女を振りかえる『握る手』など愛と性を抉(えぐ)る珠玉の短篇集。

目次

  • 泪 壺
  • マリッジリング
  • 後遺症
  • 春の別れ
  • さよなら、さよなら
  • 握る手
  • あとがき

製品情報

製品名 泪壺
著者名 著:渡辺 淳一
発売日 2004年04月15日
価格 定価 : 本体419円(税別)
ISBN 978-4-06-274757-8
判型 A6
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2001年4月に小社より単行本として刊行。

オンライン書店で見る