妖しい風景

講談社文庫
アヤシイフウケイ
  • 電子あり
妖しい風景
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

誰のために愛するの? 何のために生きるの? バイアグラから人類の進歩に思いを馳せ、旅先でのエピソードから芸術・文化を語る。あるいは高橋尚子のマラソンを見て日本人のアイデンティティを考え、神戸の少年殺人事件の調書に人生の深淵を感じる――。煌(きら)めく言葉の中に、あなたは何を発見するか!? 人気女流作家が縦横無尽に綴った珠玉のエッセイ集。(講談社文庫)


誰のために愛するの? 何のために生きるの? バイアグラから人類の進歩に思いを馳せ、旅先でのエピソードから芸術・文化を語る。あるいは高橋尚子のマラソンを見て日本人のアイデンティティを考え、神戸の少年殺人事件の調書に人生の深淵を感じる――。煌(きら)めく言葉の中に、あなたは何を発見するか!? 人気女流作家が縦横無尽に綴った珠玉のエッセイ集。

目次

  • 言葉と女
  • ある良きもの
  • 音楽の魅力文学の力
  • 言葉こそ武器 君たちに伝えたいこと
  • 男よみんな女になれ!
  • めまい
  • 幻の町
  • 手取川のサケ
  • ウサギ
  • 恋の標本
  • だからさあ
  • 権力と性
  • 時間の重み
  • ユートピアの挑戦
  • 妖しい風景
  • イギリスとアメリカ
  • 寂しい自由
  • イギリスのたまごっち
  • 力の認識
  • 一度言ってみたかったこと
  • 久しぶりのヘミングウェイ
  • 男の塊
  • 「ノー」「わからない」
  • 許されない自殺、許される自殺
  • 妖しい風景
  • 滅ぶ 歌う男 “百円”と“バラの花” 供述調書 ペンギンと猿と人間 ルーマニア正教 恋愛供養 北と南 気の

製品情報

製品名 妖しい風景
著者名 著:髙樹 のぶ子
発売日 2004年04月15日
価格 定価 : 本体495円(税別)
ISBN 978-4-06-273992-4
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2001年4月より小社より単行本として刊行されました。

オンライン書店で見る