黒蠅(下)

講談社文庫
クロバエゲ
黒蠅(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

マリーノはボストンへ、ルーシーはポーランドへ。死に彩られたその目的とは? 意を決し、死刑囚監房を訪れたスカーペッタに、〈狼男〉が告げた衝撃の事実とは?  警察を辞めたマリーノ、信じる道を歩きはじめたルーシーも、それぞれ決死の覚悟を胸に行動を起こす。錯綜する謎、めくるめく急展開の果てに、驚愕の真相が待ち受ける!  この結末の前では、すべての過去は伏線に過ぎない。(講談社文庫)


ケイ・スカーペッタとの再会は驚愕の連続だ。時を同じくしてルイジアナで残虐極まる連続殺人が。狼男の犯行ではない? 錯綜する謎、めくるめく急展開。ケイが、マリーノがさらに驚くべき人物が帰ってくる!

製品情報

製品名 黒蠅(下)
著者名 著:パトリシア・コーンウェル 訳:相原 真理子
発売日 2003年12月25日
価格 定価 : 本体695円(税別)
ISBN 978-4-06-273908-5
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文庫