新装版 戦中派不戦日記

講談社文庫
シンソウバンセンチュウハフセンニッキ
  • 電子あり
新装版 戦中派不戦日記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

私の見た「昭和20年」の記録である。満23歳の医学生で、戦争にさえ参加しなかった。「戦中派不戦日記」と題したのはそのためだ――(「まえがき」より)。 「歴史」「死」に淡々と対峙する風太郎の原点がここにある。終戦直後の日本人の生活精神史としても実感できる貴重な記録。


「歴史」「死」に淡々と対峙 風太郎の原点ここに!!

昭和20年、自らの体験と心情を、東京の一医学生が記録した克明日記

私の見た「昭和20年」の記録である。満23歳の医学生で、戦争にさえ参加しなかった。「戦中派不戦日記」と題したのはそのためだ――(「まえがき」より)
激動の1年の体験と心情を克明に記録した真実の日記。大きい文字で読みやすい新装版。

目次

  • まえがき
  • 戦中派不戦日記
  • あとがき

製品情報

製品名 新装版 戦中派不戦日記
著者名 著:山田 風太郎
発売日 2002年12月13日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-273632-9
判型 A6
ページ数 704ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1985年8月に刊行された講談社文庫『戦中派不戦日記』を新装版として文字を大きくし、新しく組み直したものです。

オンライン書店で見る