宙返り(下)

講談社文庫
チュウガエリゲ
  • 電子あり
宙返り(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

心傷ついた女、障害を持つ男、信心篤(あつ)い無垢な者……師匠(パトロン)達は四国の森に根拠地を作る。だが棄教で一度芽生えた不信感は拭い去れず、グループ間の対立も燻(くすぶ)り続ける。やがて悲劇の予感と共に教団再建の大集会が始まり、師匠は「新しい人」に全てを託す。 再生と救いを追究し、“魂のこと”を求め続けた大江文学の集大成。


宙返りから、新しいものが見えてくる。――(大江健三郎)

教団内部の対立を抱えつつ大集会はクライマックスへ。
「新しい人」にすべてを託して――

心傷ついた女、障害を持つ男、信心篤(あつ)い無垢な者……師匠(パトロン)達は四国の森に根拠地を作る。だが棄教で一度芽生えた不信感は拭い去れず、グループ間の対立も燻(くすぶ)り続ける。やがて悲劇の予感と共に教団再建の大集会が始まり、師匠は「新しい人」に全てを託す。
再生と救いを追究し、“魂のこと”を求め続けた大江文学の集大成。

目次

  • 第十七章 場所には力がある
  • 第十八章 受容と拒否(一)
  • 第十九章 受容と拒否(二)
  • 第二十章 「静かな女たち」
  • 第二十一章 童子の蛍
  • 第二十二章 よ な
  • 第二十三章 「技師団」
  • 第二十四章 聖痕はいかに受けとめられたか
  • 第二十五章 テン窪を舞台とする芝居
  • 第二十六章 未編集ヴィデオのような人間
  • 第二十七章 「新しい人」の教会
  • 第二十八章 奇 蹟
  • 第二十九章 教 育
  • 第三十章 案内人の思い出
  • 第三十一章 夏の集会
  • 第三十二章 師匠のために
  • 終 章 永遠の一年

製品情報

製品名 宙返り(下)
著者名 著:大江 健三郎 解説:いとう せいこう
発売日 2002年06月14日
価格 定価 : 本体781円(税別)
ISBN 978-4-06-273466-0
判型 A6
ページ数 576ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’99年6月、講談社より刊行。

オンライン書店で見る