宙返り(上)

講談社文庫
チュウガエリジョウ
  • 電子あり
宙返り(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「後期大江文学の臨界点」――いとうせいこう急進派による無差別テロ計画を知り、実行を阻止するためにテレビで「すべては冗談でした」と棄教を宣言した新興教団の指導者・師匠(パトロン)と案内人(ガイド)――10年後、ふたりは若い協力者とともに活動を再開する。だがその矢先、案内人が元急進派に殺され、事態は急変する。 希求する魂のドラマを描く、感動の長篇小説。


「後期大江文学の臨界点」――いとうせいこう

活動を再開した新興宗教のリーダーと悩める信者、新たな協力者たちが動き出す

急進派による無差別テロ計画を知り、実行を阻止するためにテレビで「すべては冗談でした」と棄教を宣言した新興教団の指導者・師匠(パトロン)と案内人(ガイド)――10年後、ふたりは若い協力者とともに活動を再開する。だがその矢先、案内人が元急進派に殺され、事態は急変する。
希求する魂のドラマを描く、感動の長篇小説。

目次

  • 序 章 犬のような顔の美しい眼
  • 第一章 百 年
  • 第二章 再 会
  • 第三章 宙返り
  • 第四章 R・S・トーマス講読
  • 第五章 モースブルッガー委員会
  • 第六章 案内人
  • 第七章 聖 痕
  • 第八章 新しい案内人が選ばれる
  • 第九章 そのなかにすべてが書かれていながら、生きることはそれを書き続けることである本
  • 第十章 通夜躁病は果てしなく続く(一)
  • 第十一章 通夜躁病は果てしなく続く(二)
  • 第十二章 新しい信者のイニシエーション
  • 第十三章 追悼集会のハレルヤ
  • 第十四章 なぜ、いま師匠は帰って来たか?
  • 第十五章 積年の疲労
  • 第十六章 臨床家

製品情報

製品名 宙返り(上)
著者名 著:大江 健三郎
発売日 2002年06月14日
価格 定価 : 本体781円(税別)
ISBN 978-4-06-273465-3
判型 A6
ページ数 536ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’99年6月、講談社より刊行。

オンライン書店で見る