ウロボロスの偽書(上)

講談社文庫
ウロボロスノギショジョウ
ウロボロスの偽書(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

竹本健治が連載を始めた本格推理に、いつのまにか埼玉で起こった女性連続殺人事件の、犯人を名乗る男の手記がまぎれこんでいた! 現実と虚構の境界線はあいまいになり、事件は思わぬ展開に。私たちが暮らすこの世界もどこからどこまでが現実なのか、次第にあやふやになってくる、奇々怪々な超ミステリ。


リアリティと非現実感が交錯する!

竹本健治が連載を始めた本格推理に、いつのまにか埼玉で起こった女性連続殺人事件の、犯人を名乗る男の手記がまぎれこんでいた! 現実と虚構の境界線はあいまいになり、事件は思わぬ展開に。私たちが暮らすこの世界もどこからどこまでが現実なのか、次第にあやふやになってくる、奇々怪々な超ミステリ。

製品情報

製品名 ウロボロスの偽書(上)
著者名 著:竹本 健治
発売日 2002年06月14日
価格 定価 : 本体695円(税別)
ISBN 978-4-06-273458-5
判型 A6
ページ数 492ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1991年8月に単行本として、1993年8月に講談社ノベルスとして、講談社より刊行。