花冷え

講談社文庫
ハナビエ
  • 電子あり
花冷え
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

紺屋の大店の末娘おたえは、幼くして両親を亡くし、叔父の店で育った。奉公人の弥吉は、5つ年上の型付け職人。いい仲になった2人を、叔父は夫婦養子にと考えていたのだが……。ささやかな幸せを求め健気に生きている、そんな女の一途な想いを情感溢れる筆致で細やかに描いた、珠玉の時代小説7篇を収録。


心の奥底を震わせる人生の哀歓、世の情
微妙な女心のありようを情感溢れる筆致で描いた時代小説傑作集

紺屋の大店の末娘おたえは、幼くして両親を亡くし、叔父の店で育った。奉公人の弥吉は、5つ年上の型付け職人。いい仲になった2人を、叔父は夫婦養子にと考えていたのだが……。ささやかな幸せを求め健気に生きている、そんな女の一途な想いを情感溢れる筆致で細やかに描いた、珠玉の時代小説7篇を収録。

目次

  • 花冷え
  • 片葉の葦
  • 女子豹変す
  • 胸突坂
  • 古橋村の秋
  • 待てば日和も

製品情報

製品名 花冷え
著者名 著:北原 亞以子 解説:縄田 一男
発売日 2002年02月15日
価格 定価 : 本体495円(税別)
ISBN 978-4-06-273352-6
判型 A6
ページ数 264ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’91年7月、勁文社より刊行。

オンライン書店で見る