この生命を凛と生きる

講談社文庫
コノイノチヲリントイキル
著:大石 邦子 解説:鎌田 慧
  • 電子あり
この生命を凛と生きる
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

障碍はあっても出来ることはたくさんある! 30年も車椅子の娘を支えた、気丈な母がぼけ出した。母のため、初めて食事を作り、風呂に入れ、カテーテルの処置をする。「オイツメテハイケナイ」呪文を唱え、時に「鬼の邦子」になって、老いに寄り添う。悔いのない別れなんて、あるんだろうか? 万朶の桜の中、看取った母への癒し難い思いが、胸に痛い。老い・介護とは?を問う、著者みずからの体験を綴った名篇。


老親をもつあなたへ!
障害はあっても出来る事はたくさんある!
呆けてゆく母を車椅子で看取った日々。老いとは介護とは何かを問う。

30年も車椅子の娘を支えた気丈な母がぼけ出した。母のため初めて食事を作り、風呂に入れ、カテーテルの処置をする。「オイツメテハイケナイ」呪文を唱え、時に「鬼の邦子」になって老いに寄り添う。悔いのない別れなんてあるんだろうか。万朶(ばんだ)の桜の中、逝った母への癒し難い思いが胸に痛い。老い、介護とはを問う名篇。

製品情報

製品名 この生命を凛と生きる
著者名 著:大石 邦子 解説:鎌田 慧
発売日 2001年11月15日
価格 定価 : 本体629円(税別)
ISBN 978-4-06-273312-0
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’98年8月、講談社より刊行。

オンライン書店で見る