黄昏の岸 暁の天 十二国記

講談社文庫
タソガレノキシアカツキノソラジュウニコクキ
黄昏の岸 暁の天 十二国記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

十二国記シリーズ5年ぶりに新刊登場!
戴国の復興に燃える秦王驍宗(ぎょうそう)、未だに自信がもてずいる泰麒(たいき)、そして景王陽子、延麒六太が戻ってきた!!

登極から半年、戴国再興に燃える泰王驍宗。反乱鎮圧のため自ら文州に赴いた王の悲報に、留守を預る幼い泰麒は衝撃をうけ、大鳴動とともに忽然と姿を消した。王と麒麟を突然失い、偽王の圧政が始まった戴――。その行く末を案じ将軍李斎は命をかけて景王陽子に会うため空を翔けるが……。

製品情報

製品名 黄昏の岸 暁の天 十二国記
著者名 著:小野 不由美
発売日 2001年04月13日
価格 定価 : 本体714円(税別)
ISBN 978-4-06-273130-0
判型 A6
ページ数 448ページ
シリーズ 講談社文庫