密約 物書同心居眠り紋蔵

講談社文庫
ミツヤクモノカキドウシンイネムリモンゾウ
  • 電子あり
密約 物書同心居眠り紋蔵
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

長男長女も独立し、のどかに過ごす藤木紋蔵の家へ、近くの長屋に住むいたずら坊主の文吉が、遊びに来たまま居着いてしまった。どうしたものかと思っていたが、手習塾の席書会で、文吉が書いた「へのへのもへじ」が大名家の詐欺事件の解決の手がかりに。いったい、文吉は厄介者か、福の神か。“窓際同心”痛快捕物帖! 「物書同心居眠り紋蔵シリーズ」第3弾。(講談社文庫)


居眠りしながら事件を解く、痛快時代連作集南町奉行で内勤30年、藤木紋蔵は仕事中でもつい居眠りをしてしまう、奇病の持ち主。そんな“窓際同心”が江戸で起こる数々の事件を解決していくシリーズ第3弾

目次

  • 貰いっ子
  • へのへのもへじ
  • 女軍師
  • 盗っ人宿の置き手紙
  • お民の復讐
  • 夜鷹の自訴
  • 漆黒の闇
  • 黒幕の黒幕

製品情報

製品名 密約 物書同心居眠り紋蔵
著者名 著:佐藤 雅美
発売日 2001年01月17日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-273070-9
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 貰いっ子『イン☆ポケット』’97年11月号。へのへのもへじ『イン☆ポケット』’97年12月号。女軍師『イン☆ポケット』’98年1月号。盗っ人宿の置き手紙『イン☆ポケット』’98年2月号。お民の復讐『イン☆ポケット』’98年3月号。夜鷹の自訴・漆黒の闇・黒幕の黒幕の3点は書き下ろし。’98年3月に講談社より単行本として刊行された。

オンライン書店で見る