霞町物語

講談社文庫
カスミチョウモノガタリ
  • 電子あり
霞町物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

僕はこの町で学び、恋を覚えた
かつて霞町と呼ばれた麻布界隈を舞台に、著者自身の青春を綴る傑作。

青山と麻布と六本木の台地に挟まれた谷間には、夜が更けるほどにみずみずしい霧が湧く。そこが僕らの故郷、霞町だ。あのころ僕らは大学受験を控えた高校生で、それでも恋に遊びにと、この町で輝かしい人生を精一杯生きていた。浅田次郎が初めて書いた、著者自身の甘くせつなくほろ苦い生活。感動の連作短編集。

目次

  • 霞町物語
  • 夕暮れ隧道
  • 青い火花
  • グッバイ・Dr.ハリー
  • 雛の花
  • 遺影
  • すいばれ
  • 卒業写真

製品情報

製品名 霞町物語
著者名 著:浅田 次郎
発売日 2000年11月15日
価格 定価 : 本体530円(税別)
ISBN 978-4-06-273015-0
判型 A6
ページ数 280ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 この本は’98年8月、講談社より刊行された。

オンライン書店で見る