他力

講談社文庫
タリキ
  • 電子あり
他力
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

困難な今を生きぬくための100のヒント。出口なき闇の時代、もはや非常時ともいえる現代。法然、親鸞、蓮如の思想の核心をなす「他力」につき動かされた著者が、乱世を生きるための勇気を与えてくれる本。

目次

  • (1)〈他力〉、という不思議な感覚
  • (2)「できないものはできない」と思う
  • (3)〈非常時〉を生きぬく強い思想
  • (4)〈本願他力〉こそ生命力の真の核心
  • (5)私を支えてくれた三人の言葉
  • (6)法然はなぜ確信をもって人々に語ったのか
  • (7)目に見えない大きな力を実感する
  • (8)向こうからやってくるもの
  • (9)人事をつくすは、これ天命なり
  • (10)〈他力〉の道もまた難きかな
  • (11)「やさしく」「ふかく」「ひろく」
  • (12)立ちすくむ今日の狭間に
  • (13)いま〈他力の風〉の気配を感じて
  • (14)人の手本にはなれないが見本にはなれる
  • (15)四百四病を体の中に抱えた存在
  • (16)延命は、はたして意味のあることなのか
  • (17)生きている人間はすべて病人である
  • (18)いまの医療に欠けているもの
  • (19)今日が最後の一日になるんだぞ、と
  • (20)世界のすべては物語だと考える
  • (21)自分を信じ、自分を愛することが出発点
  • (22)低きにつく、という考え方
  • (23)四つの「思うに任せぬこと」を背負って
  • (24)本物のプラス思考は、究極のマイナス思考から
  • (25)人生の峠にたたずんで考える下山の道
  • (26)目に見えない大きな宇宙の力
  • (27)「諦める」ということの意味
  • (28)「透明な存在である自分」へのいらだち
  • (29)人生は自分で放り出すほどにはひどくない
  • (30)物語をつくる想像力がキレた結果が
  • (31)本心をひた隠しにして生きている人々
  • (32)先生も親もやわらかな心が欠けているのでは
  • (33)〈悲〉という感情がものすごく豊かな人
  • (34)自殺と他殺は背中合わせの関係
  • (35)たったひとりの自分が廃虚に孤立して
  • (36)自分自身すら愛することができないとき
  • (37)深く悲しむ人ほど強く歓ぶことができる
  • (38)強く悩み迷うことから本当の確信が生まれる
  • (39)ひとりぼっちだという疎外感
  • (40)「脳死は人の死」の考えの底にあるもの
  • (41)いま、無常の風が、吹いている
  • (42)あるがままの自分を信じるために
  • (43)常識に合わないことを大切にする
  • (44)心に残るものこそ忘れない
  • (45)信仰や本当の情報は〈面授〉でしか伝わらない

製品情報

製品名 他力
著者名 著:五木 寛之
発売日 2000年11月06日
価格 定価 : 本体500円(税別)
ISBN 978-4-06-273010-5
判型 A6
ページ数 312ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’98年11月に講談社より刊行。

オンライン書店で見る