GDP4%の日本農業は自動車産業を超える

講談社+α新書
ジーディーピーヨンパーセントノニホンノウギョウハジドウシャサンギョウヲコエル
  • 電子あり
GDP4%の日本農業は自動車産業を超える
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

2015年11月に発表される「農業センサス」で明らかになる衝撃の事実――日本の農地は急速な勢いで大規模化され、生産効率も急上昇、そして輸出産業になる! すると農業と食のGDPを合わせた20兆円は、12兆円の輸送用機械(自動車製造業)よりも大きくなり、インターネット産業や金融・保険業に肩を並べる規模――GDPは500兆円なので、農業が全体の4%を占める計算となり、農業は基幹産業に!!


2015年11月に発表される「農業センサス」で明らかになる衝撃の事実! 日本の農地は急速な勢いで大規模化され、生産効率も急上昇……輸出産業となる!!
 日本経済団体連合会(経団連)も2015年1月1日、発表した政策提言『「豊かで活力ある日本」の再生』で、農業と食のGDPを合わせて20兆円増やせるとした。これは12兆円の輸送用機械(自動車製造業)よりも大きく、インターネット産業や金融・保険業に肩を並べる規模――日本のGDPは500兆円なので、農業が全体の4%を占める計算になる。
 「コメ農家は儲けてない振りをしているだけですよ」「本気でやっている専業農家はきちんと儲かっている」など、日本中の農業の現場を取材した渾身のレポートは、我々に勇気を与える。日本の農業は基幹産業だ!

目次

  • 第1章 農業を殺した「戦犯」たち
  • 第2章 世界5位を誇ったコメの実力
  • 第3章 大進化するコメ農業の可能性
  • 第4章 輸出産業となった日本農業
  • 第5章 ロボットと農業参入者のシナジー
  • 第6章 農業の「多面的機能」で世界に

製品情報

製品名 GDP4%の日本農業は自動車産業を超える
著者名 著:窪田 新之助
発売日 2015年12月18日
価格 定価 : 本体890円(税別)
ISBN 978-4-06-272920-8
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:窪田 新之助(クボタ シンノスケ)

窪田新之助(くぼた・しんのすけ)

 1978年、福岡県に生まれる。2004年に明治大学文学部を大学卒業後、日本農業新聞に入社。以後、記者として8年間、年間100日ほどを国内外の取材にあて、農業政策、農業ビジネス、農村社会の現場をレポートする。2012年に退社し、フリーランスとして食と農の取材を続ける。2014年、アメリカ国務省の「インターナショナル・ビジター・リーダーシップ・プログラム」に招待され、アメリカの農業の現場を視察。

オンライン書店で見る