臆病なワルで勝ち抜く! 日本橋たいめいけん三代目「100年続ける」商売の作り方

講談社+α新書
オクビョウナワルデカチヌクニホンバシタイメイケン3ダイメ100ネンツヅケルショウバイノツクリカタ
  • 電子あり
臆病なワルで勝ち抜く! 日本橋たいめいけん三代目「100年続ける」商売の作り方
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「黒くてチャラい」が、腕は超一流! 「家庭でも作れる洋食」しかし「家庭では決して作れない味」で、激戦区日本橋で勝負し続けて83年。『有吉反省会』(日本テレ時系)でも大注目の異色料理人・「たいめいけん三代目」茂出木浩司氏が、その素顔と成功の秘密を初めて語る。「才能がない」「親のプレッシャーがつらい」「敷かれたレールは面白くない」……だったら自分で面白くしてやろうぜ、と若者たちにエールを送る!


 創業昭和6年、作家・池波正太郎や映画監督・小津安二郎も愛した味を守り続けて83年。「腕はいちばん」と地元から評される日本橋たいめいけん三代目・茂出木浩司氏。
 ところが当人は、それ以上に『有吉反省会』(日本テレビ系)など、テレビ等で見せる強烈な「キャラ」で知られています。極限まで日焼けした真っ黒な風貌、チャラくて、心配症で、一見したところはいかにも「ボンボンの三代目」。
 しかし、「家庭でも作れる洋食、しかし家庭では決して出せない味」で、激戦区日本橋で創業100年を目指して挑戦を続け、そのキャラを生かして、フランパンひとつで「たいめいけん」を全国ブランドにし、「洋食や 三代目たいめいけん」など新業態の多角展開を仕掛ける様は、ただの「ボンボン」ではありません。「黒くてチャラい」見た目をカモフラージュにした、戦略家・戦術家としての経営者の顔が見え隠れしています。
 本書は、いま注目の異色料理人が、その素顔と成功の秘密を開陳しつつ、「才能がない」「親のプレッシャーがつらい」「敷かれたレールは面白くない」と悩める若者たちに本気で勝負する、破天荒な1冊です。

目次

  • 第一章 「攻め」と「守り」のバランス感覚
  •  変化を受け入れつつ守る
  •  色黒でチャラい臆病者
  •  テレビも料理も、人を喜ばすもの
  •  料理人は“腕だけが命”
  •  自分が出たテレビは見ない
  •  老舗らしくない老舗になる
  •  異なる価値観が意外性を生む
  •  「軸」があるから攻められる
  •  「おいしい!」は当たり前
  • 第二章 プレッシャーには勝たなくていい
  •  生まれながらの三代目
  •  父へのライバル意識と反骨精神
  •  『たいめいけん』百年への挑戦
  •  ビビりだから、開き直れる
  •  創業者も代を継ぐのも重圧は同じ
  •  「屋号」では食っていけない現実
  •  孤独になっても孤立はするな
  •  “老舗のプライド”はいらない
  •  孤独はポジティブなもの
  •  『三国志』の“滅び”に学ぶ
  • 第三章 人を好きになれば、人に好かれる
  •  経営者よりキャプテンでいたい
  •  若いスタッフは最高の刺激
  •  頭を下げるのは「タダ」
  •  ものごとは“運”が九割
  •  一二〇%で人は初めて喜ぶ
  •  サプライズ演出が心を動かす
  •  本気の趣味が出会いを呼ぶ
  •  「信じる人」に人は集う
  •  依頼は断らない
  •  合わない人は「敬して遠ざける」
  • 第四章 フライパンを振り続ける人だけが生き残る
  •  伝統を守り、オリジナルを作る
  •  五年後に残る店は一〇%以下
  •  出店は“計画”するな!
  •  数字だけで飲食店は語れない
  •  経営者は“ギャンブル厳禁”
  •  ウソでもいいから自信満々
  •  『洋食や 三代目 たいめいけん』
  •  フランチャイズ時代のリスク管理
  •  アイデアはひとりでは実現しない
  • 第五章 「個」をブランドにする
  •  ネガティブ人間に勝機あり?
  •  余計なことを考える力
  •  自分のピークを設定する
  •  自己暗示と感謝の成功法則
  •  トレードマークになる習慣を持つ
  •  ファッションが「らしさ」を作る
  •  若者はギラギラしていていい
  •  コンプレックスは「個性」
  •  二重人格的な自分を知覚する
  •  人は役割があって生まれてくる
  • おわりに

製品情報

製品名 臆病なワルで勝ち抜く! 日本橋たいめいけん三代目「100年続ける」商売の作り方
著者名 著:茂出木 浩司
発売日 2014年11月21日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-272877-5
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:茂出木 浩司(モデギ ヒロシ)

茂出木浩司(もでぎ・ひろし)
日本橋「たいめいけん」三代目シェフ。1967年6月2日、洋食店「たいめいけん」の長男として生まれる。祖父が創業した「たいめいけん」は、作家・池波正太郎、映画監督・小津安二郎ら各界の著名人に愛された名店。高校を卒業後、渡米。語学を学んだ後、帰国。修業を終え、実家の「たいめいけん」に入店。1994年、27歳で「たいめいけん」三代目シェフに就任。2001年、日本橋三越の地下に惣菜販売「デリカテッセン・ヒロ」を開店。真っ黒に日焼けし、サーフィン、カートレース、和凧、カイトボーディングなど多彩な趣味・活動にも熱中する「チャラい」キャラクターで知られ、『有吉反省会』(日本テレビ系)などテレビ出演も多数。「黒くてチャラい」けれど、腕は一流、ハートは熱いとファンも多い。

関連シリーズ

オンライン書店で見る