住んでみたヨーロッパ 9勝1敗で日本の勝ち

講談社+α新書
スンデミタヨーロッパキュウショウイッパイデニホンノカチ91
  • 電子あり
住んでみたヨーロッパ 9勝1敗で日本の勝ち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

この本を読むだけで、日本人が夢のような国に住んでいることがよくわかる――ドイツ在住30年、現地で結婚し子供を育てた著者の集大成、空前絶後の日欧比較論!! 日本人が憧れるヨーロッパの文化、街並み、そして生活レベル。しかし、本当のところはどうなのか? 街には泥棒が溢れ、古い街並みは奇妙に改悪され、馬の肉が牛の肉になり、建設工事は遅々として進まず、厄介な身分制度が残り、そして何より、あまりに不便すぎる!


 大ベストセラー『住んでみたドイツ8勝2敗で日本の勝ち』に続く比較文化論、第2弾!
 この本を読むだけで、われわれ日本人が夢のような国に住んでいることがよくわかる――ドイツ在住30年、現地で結婚し、3人の子供を育てた著者の集大成、空前絶後の日欧比較論!! 
 日本人が憧れるヨーロッパの文化、街並み、そして生活レベル。しかし、本当のところはどうなのか?……街には泥棒が溢れ、古い街並みは奇妙に改悪され、馬の肉が牛の肉になり、建設工事は遅々として進まず、厄介な身分制度が残り、そして何より、あまりに不便すぎる……日本人ならとても、生きてはいけない!!

目次

  • 序 章 劣化するパリ・フランクフルト・ウィーン、斬新な東京
  • 第1章 泥棒天国ヨーロッパ
  • 第2章 エアロビのできないドイツ人
  • 第3章 不便をこよなく愛すノルウェー人
  • 第4章 「移民天国」「難民地獄」のヨーロッパ
  • 第5章 スペインの闘牛と日本のイルカ漁
  • 第6章 ケルンの地下鉄建設と池袋の道路工事
  • 第7章 日本の百倍ひどいヨーロッパの食品偽造
  • 第8章 日本的になったドイツの宗教事情
  • 第9章 歴史の忘却の仕方――ヨーロッパとアジア
  • 第10章 奴隷制度がヨーロッパに残した「遺産」
  • 第11章 瀕死のオペラ、隆盛な歌舞伎
  • 第12章 同性愛者が英雄になるヨーロッパ
  • 第13章 古代ローマ帝国とEUの深い関係

製品情報

製品名 住んでみたヨーロッパ 9勝1敗で日本の勝ち
著者名 著:川口 マーン 惠美
発売日 2014年09月23日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-272866-9
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:川口 マーン 惠美(カワグチ マーン エミ)

川口マーン惠美(かわぐち・まーん・えみ)

 1956年、大阪府に生まれる。ドイツ・シュトゥットガルト在住。作家。拓殖大学日本文化研究所客員教授。日本大学芸術学部音楽学科ピアノ科卒業。シュトゥットガルト国立音楽大学大学院ピアノ科卒業。
 著書には、ベストセラーになった『住んでみたドイツ8勝2敗で日本の勝ち』(講談社+α新書)、『ドレスデン逍遥』(草思社)、『日本はもうドイツに学ばない?』(徳間書店)、『ベルリン物語』(平凡社新書)、『ドイツで、日本と東アジアはどう報じられているか?』(祥伝社新書)などがある。

オンライン書店で見る