軍事力が中国経済を殺す

講談社+α新書
グンジリョクガチュウゴクケイザイヲコロス
軍事力が中国経済を殺す
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

2014年春、ついに中国でデフォルトが始まった! が、世界不況下、かつての日本のように欧米へ「集中豪雨的輸出」をすることもできない。そこで工業設備の活用のため、お鉢が回ってきたのが軍事力の増強、すなわち軍拡である。こうして中央銀行たる中国人民銀行は、この軍拡と、治安維持、不良債権の買い取り、環境対策のため、政府へのマネー供給機関に成り下がる。インフレの亢進で、中国経済の命脈は2017年に途絶える!


2014年春、ついに中国でデフォルトが始まった! しかし、世界不況下、かつての日本が行ったように欧米へ「集中豪雨的輸出」をすることもできない。そこで工業設備の活用のため、お鉢が回ってきたのが軍事力の増強、すなわち軍拡である。
 こうして中央銀行たる中国人民銀行は、この軍拡と、治安維持、不良債権の買い取り、環境対策のため、政府へのマネー供給機関に成り下がる。すると中国元の信認が失われ、インフレが亢進していく。そして、中国経済の命脈は2017年に途絶える――。

目次

  • 序 章 軍事力が中国を殺すプロセス
  • 第1章 中国バブル完全崩壊
  • 第2章 三重苦に喘ぐ中国経済
  • 第3章 格差拡大と民衆暴動の真実
  • 第4章 ストップした投資の裏側
  • 第5章 軍事力が成長を止めるメカニズム
  • 第6章 領土拡張が招く財政赤字
  • 第7章 日本の中国包囲網の成果
  • 第8章 暴走する中国人民銀行

製品情報

製品名 軍事力が中国経済を殺す
著者名 著:相沢 幸悦
発売日 2014年07月23日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-272861-4
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:相沢 幸悦(アイザワ コウエツ)

相沢 幸悦(あいざわ・こうえつ)

 1950年、秋田県に生まれる。埼玉学園大学経済経営学部教授。経済学博士。1978年、法政大学経済学部卒業。1986年、慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了。日本証券経済研究所主任研究員、長崎大学経済学部教授、埼玉大学経済学部教授を歴任。
 著書には、『アメリカ依存経済からの脱却』(NHKブックス)、『品位ある資本主義』(平凡社新書)、『反市場原理主義の経済学』(日本評論社)、『所得税ゼロで消費税「増税」が止まる世界では常識の経済学』『GDP大国になる日本』(以上、講談社)などがある。

関連シリーズ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス