高血圧はほっとくのが一番

講談社+α新書
コウケツアツハホットクノガイチバン
  • 電子あり
高血圧はほっとくのが一番
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

著者の松本先生は、「血圧が高くなるのは自然な加齢現象。病気ではないから、薬を飲む必要はありません」と断言する。大勢の人が、必要のない血圧治療のために、高い医療費を「払わされている」というのだ。先生は、「医者や製薬会社の言いなりにならず、自分の頭で考えて、判断する力を付けることが必要」と説く。医者と製薬会社によって作られた「高血圧症」の真実を暴き、健康に生きるための秘訣を探っていく。


今や「高血圧症」は国民病といわれ、患者数は約5000万人もいるとされる。これはとてつもない数である。日本人の成人の半分以上が「高血圧症」という病気なのだ。普通に考えればこんなことがあるはずはない。
猫も杓子も「病人」だという。しかし本人は痛くもかゆくもなく、どう見ても健康なのだ。ただ、血圧という数値が、基準より高いだけである。
私は断言する。高血圧は病気ではない。通常、人が気にする程度の血圧が、重い病気を引き起こす可能性はゼロに等しい。
これが四十数年間、十万人近くを診察し、自分なりに調べた末の私の結論だ。「高血圧症」が国民病など、嘘八百である。
(「はじめに」より)

目次

  • 第一章 「高血圧症」という名の詐欺商法
  • 8年間で50も下がった基準値
  • 一生飲み続けなければならない薬
  • 健康な人を病人に仕立てる大罪(たいざい)
  • 降圧剤データ改ざん事件の衝撃
  • インチキ論文で大ヒット商品に
  • 5倍になった降圧剤の売り上げ
  • 製薬ビジネスはギャンブルと同じ
  • 寄付金をせびる御用学者たち
  • あやふやすぎる基準値の根拠
  • 金(かね)まみれのWHO
  • 三歳児にまで血圧検査を推奨(すいしょう)
  • 血圧の利権構造は原発と同じ
  • わずかな操作で大もうけする企業
  • 第二章 脳(のう)梗塞(こうそく)は医者が作っている
  • 一番怖いのは脳(のう)梗塞(こうそく)
  • 降圧剤は脳梗塞を2倍にする
  • 公正な実験が打ち切られた理由
  • 降圧剤を飲むと、ガンになる
  • 薬で下げたら、認知症になった
  • 血圧は加齢とともに上がる
  • 180でも大丈夫
  • 体の反応にはすべて目的がある
  • 命を守るため体は血圧を上げる
  • 原因と結果が逆
  • 薬を出すのは医者の保身術
  • 第三章 血圧測定なんかいらない
  • 血圧は個性である
  • 朝測ることに根拠はない
  • 血圧計は今すぐ捨てなさい
  • 血圧が下がり切ると、人間は死ぬ
  • 低血圧も心配ご無用
  • なぜ女性の方が長生きか
  • コレステロールは命の元
  • 第四章 マイナス思考は万病のもと
  • 目新(めあたら)しい言葉に人は引っかかる
  • 「生活習慣病」は言葉のトリック
  • メタボもアンチエイジングも大嘘(おおうそ)
  • 血圧測定はがん告知と同じ
  • 医療にも「ウソも方便」は必要
  • 医者の一言が体に悪影響を及ぼす
  • 血液の「ドロドロ」はインチキ
  • 笑いが免疫力を上げる
  • 降圧剤より笑いがずっといい
  • 姿勢をよくすれば血圧は下がる
  • プラス思考で死病も治る
  • 健康に無頓着(むとんちゃく)なほうが体にいい
  • 第五章 ストレスほど怖いものはない
  • 塩分と高血圧は関係ない
  • 減塩すると、元気がなくなる
  • 子供のころと同じ食事が体にいい
  • 血圧の下がる食べ物などない
  • 空腹健康法で長寿は得られない
  • 毎日同じメニューでも長生き
  • 一口50回噛めば痩せられる

製品情報

製品名 高血圧はほっとくのが一番
著者名 著:松本 光正
発売日 2014年04月22日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-272844-7
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:松本 光正(マツモト ミツマサ)

1943年大阪生まれ。 北海道大学医学部卒業後、医療生協浦和民主診療所勤務・所長を経て、1995年おおみや診療所所長に就任。2009年から関東医療クリニック院長。
高校2年生の時に中村天風の最晩年の弟子として指導を受ける。以降、天風会の講師としても活躍。

オンライン書店で見る