女のカラダ、悩みの9割は眉唾

講談社+α新書
オンナノカラダナヤミノキュウワリハマユツバ
  • 電子あり
女のカラダ、悩みの9割は眉唾
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ホルモン、妊娠・出産、セックス、プレ更年期。女性誌もネットも誤解だらけ。
人気女医が一刀両断「その悩み、きっと思い込みです!」

「オス化」「卵子老化」に怯え、生理の辛さに泣き、「私らしい」妊娠・出産を夢想する……ああ、なんで女ばかり気苦労が多いのか? 「みんな医学的根拠のない情報に振り回されすぎ!」と警鐘を鳴らすのは、産婦人科医・宋美玄先生。「恋してなくても女性ホルモンは出る」「子宮はそう簡単には冷えない」「出産をイベント化しないで」などなど、自らも35歳で高齢初産を経験した著者が語る、女心とカラダにまつわる画期的人生論!

目次

  • まえがき
  • 第一章 セックスできれいにはならない
  •  女性誌は「都市伝説」の温床
  •  恋しなくても女性ホルモンは出る
  •  「セックスで美肌」はセクハラ
  •  イカない女はホルモンが出ない!?
  •  女の不健康自慢「敏感肌」のウソ
  •  「みんなそうしてる」に騙されない
  •  体はコントロールできないもの
  • 第二章 「オス化」に怯えるホルモン知らず
  •  働きすぎても「オス化」はしない
  •  「ティースプーン1杯」の謎
  •  女性ホルモン信者の勘違い
  •  モデル体型がいいと思ってる!?
  •  「妊娠力アップ」は誇大広告
  • 第三章 あなた、実は「冷えて」なんかいません
  •  何が「子宮にやさしい」のか?
  •  「自然派」なのに抗生剤好きな人
  •  漢方薬にもリスクはある
  •  「不妊」「逆子」と冷えは無関係
  •  子宮は冷えない
  •  骨盤よりも大事な「骨盤底筋群」
  •  「膣トレーニング」は誰のため?
  •  「奥のほうを締めてください」
  •  知らない不幸と調べすぎた不幸
  •  思い込みが生むストレス
  • 第四章 「ピルが怖い」って誰が言った?
  •  生理で苦しむならまずはピル
  •  ピルは太らない
  •  ピルを飲むのはあばずれ!?
  •  実態が伝わらず怖がられる副作用
  •  副作用の「本当のところ」
  •  たくさんのメリットを知る
  •  「彼には隠れて飲め」
  •  日本での使用率が低いわけ
  •  ピルの種類と費用
  •  実体験に基づくピルの特性&処方
  •  女にやさしくない日本
  • 第五章 産むことが「女の証」ではありません
  •  「女の証」って何?
  •  芸能人の高齢出産は異例中の異例
  •  「何歳まで妊娠できると思う?」
  •  「卵子老化」に怯える女たち
  •  ピンクリボンとアンジー
  •  「卵子凍結」は心の安定剤
  •  ゆとり教育男の「妻だけED」
  •  「排卵日が妊娠しやすい」はウソ
  •  「ダンナがその気になってくれない」
  •  AV男に振り回されない
  •  オジサン思考の産婦人科医
  • 第六章 妊娠・出産に「私らしさ」は求めない
  •  美化されすぎた出産
  •  出産論争は「極論VS.極論」
  •  なぜ、産む「箱」にこだわるのか?
  •  子供は「預かりもの」
  •  受ける? 受けない? 出生前検査
  • 第七章 怖がりすぎる更年期、女は死ぬまで女です
  •  更年期に「プチ」「プレ」はない
  •  セックスと閉経は無関係
  •  女医ならわかってくれる!?
  •  意外に多い「性交痛」
  •  「自前」にこだわる女性
  • あとがき

製品情報

製品名 女のカラダ、悩みの9割は眉唾
著者名 著:宋 美玄
発売日 2014年02月21日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-272838-6
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社+α新書

オンライン書店で見る