成功者は端っこにいる――勝たない発想で勝つ

講談社+α新書
セイコウシャハハシッコニイルカタナイハッソウデカツ
  • 電子あり
成功者は端っこにいる――勝たない発想で勝つ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

40代で初めて飲食の道に入り、現在、年商約250億円350店舗以上を有する会社を率いているのが、中島武氏。ところが、そんな立志伝中の人物が語る「強く生きる」ヒントは目からウロコのものばかり。「自分にできないことは、努力するな」「もっと欲深く生きろ」「恥知らずには勢いがある」「成功する人間は2割だけ抵抗する」「発想力を豊かにしたいなら恋人を変えろ」などなど、貴重なヒントが詰まった1冊です。


「一人ひとりが強く生きなければ企業も国もたくましくならない」
3・11後、中島武氏はブログにそう綴りました。
40代で初めて飲食の道に入り、その自在な発想法で、つねにお客さんの関心をひく店をつくり続け、11年目には200店舗を達成。そして現在、年商約250億円350店舗以上を有する会社を率いているのが、中島氏です。
ところが、そんな立志伝中の人物が語る「強く生きる」ためのヒントは目からウロコのものばかりです。
「弱いヤツが生き残る」「自分にできないことは、努力するな」「もっと欲深く生きろ」「恥知らずには勢いがある」「人の価値は存在感で決まる」「成功する人間は2割だけ抵抗する」「発想力を豊かにしたいなら恋人を変えろ」などなど。
拓大応援団の団長を務め、一流企業を1年で辞め、30代からロールスロイスに乗り、40代前半にゼロから再出発した中島氏の言動は、「カンブリア宮殿」や「がっちりマンデー」といったテレビでも紹介され注目を集めてきました。しかし、それらをまとめたものはなく、ついに本作が待望の1冊となりました

目次

  • はじめに――強く生きるとは「最後に勝てばいい」と思えること
  • 第一章 存在感を身につける 中島流生き方
  • 肩の力を抜いて、ゆっくりと生きろ
  • 自分にできないことは努力するな
  • 生きるコツは、悩みもわずかな年月にすぎないと知ること
  • 人生をリノベーションしないと、人間がダメになる
  • 存在感をつけたければ、ほかの人との違いを意識しろ
  • じょうずに見栄を張れば格好いい
  • 肚をくくると、従属しない生き方ができる
  • 大企業に入って中途半端に出世しなくてよかった
  • 第二章 欲深く生きろ 中島流思考法
  • 表面の優しさなんかかなぐり捨てて、もっと欲深くなれ
  • 年商二五〇憶円じゃ少ないと思えるモノサシを持つ
  • 「考える」ことが大儲けにつながる仕組みを教えよう
  • 「やらされる人生」には空虚感しかない
  • 看板商品「棒餃子」は変化の境界線で生まれた
  • 強く思ったとき「縁」が向こうからやってくる
  • いいアイデアを生むために、冗談半分の妄想にふける
  • 「バカだね」と指さされてもロールスロイスに乗る覚悟
  • 第三章 器量はついてくる 中島流リーダー論
  • 昔、軟弱のほうが、人間社会でしたたかに生きられる
  • 器量を磨きたいなら真ん中の席は人にゆずれ
  • 部下をダメにする「部下思い」の上司に気をつけろ
  • リスクを楽しめるようになったら天職と思え
  • 応援団でさえ優しく導くと早く伸びる
  • 傲慢でも悲観屋でもいいから「結果」を出せ
  • 勝因は、頭に「勝てるイメージ」を明確に描くことに尽きる
  • 第四章 二割は抵抗しろ 中島流仕事術
  • 「信頼関係」などと言う上司とは離れなさい
  • 成功する人間は一〇のうち二割は抵抗する
  • 「仕事を楽しめ」と言うが、楽しいのは成功したときだけだ
  • 「思い込む力」が世の中の評価さえ変えてしまう
  • その瞬間に、プレッシャーを跳ね除けているはず
  • 投げるボールを間違えないためのルールがある
  • 経験が多いほど、人間が成功する率は高いと肝に銘じよ

製品情報

製品名 成功者は端っこにいる――勝たない発想で勝つ
著者名 著:中島 武
発売日 2013年08月21日
価格 定価 : 本体838円(税別)
ISBN 978-4-06-272816-4
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:中島 武(ナカジマ タケシ)

中島 武(なかじま・たけし)
際コーポレーション株式会社代表取締役会長。1948年、福岡県に生まれる。拓殖大学卒。在学中は応援団にて団長も務める。1970年、東急航空株式会社入社。1972年、東洋ファクタリング株式会社に転職し、取締役本部長を経て退職。1990年、際コーポレーション株式会社設立。中国料理店を皮きりに、さまざまなジャンルで革新的な店舗を出店、飲食業界の鬼才と呼ばれるようになる。現在、350店舗以上を経営するほか、飲食店のコンサルティングなども行う。その手腕・発想がメディアでもたびたび紹介され注目を集めている。
著書には、『繁盛道場 愛されるお店をつくる二十二の法則』(日本経済新聞出版社)、『男子厨房で遊ぶべし 紅虎流自慢料理67 』(講談社)ほかがある。

関連シリーズ

オンライン書店で見る