こころ自由に生きる練習 良寛88の言葉

講談社+α新書
ココロジユウニイキルレンシュウリョウカンハチジュウハチノコトバ
  • 電子あり
こころ自由に生きる練習 良寛88の言葉
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

悩み苦しみを避けようと思っても、それは人生についてまわるものです。しかし、どんな状況でも心ひとつで脱出することはできるのです。一過性でない頼もしい心を築くことができるのです。そこには、きっと好循環の風が吹いてきます。『折れない心をつくるたった1つの習慣』で多くの読者の支持を得ている植西さんが、初めて良寛さんの言葉をとおして「心」を変える方法を伝授します。


悩み苦しみを避けようと思っても、それは人生についてまわるものです。
さらに今の日本人は、将来の不安、それを脱せられない沈滞感に覆われています。
私たちもつい、鬱々とした空気に流されそうになってしまいがちです。
そこで著者の植西聰さんは、心の処方箋を良寛さんの言葉を借りて日本人に語ることにしました。
どんな状況でも心ひとつで脱出することはできるのです。
一過性でない頼もしい心を築くことができるのです。
そこには、きっと好循環の風が吹いてきます。
本作は、著者が見いだした人生を生きる知恵の結晶です。

『折れない心をつくるたった1つの習慣』や『いいことがいっぱい起こる! ブッダの言葉』などで多くの読者の支持を得ている植西さんが、初めて良寛さんの言葉をとおして「心」を変える方法を伝授します。
庶民に愛された良寛さんは童話でもよく知られた存在。心平らで欲にとらわれない生活ぶりやわかりやすい格言で仏の教えを伝えていた良寛さん。書の達人、和歌や漢詩なども巧みでしたが、権力者からの依頼は平気で断り、子どもの凧には快く文字を書いていました。厳しい禅宗の僧でありながらお酒好きだったり、女性に恋心を抱いたりしたという話も残っていて、そんなちょっと自由な良寛さんだからこそ、歴史を超えて心の師と慕われるのかもしれません。
ただ、良寛さんが生きていた時代はけっしてのどかなものではなく、幕府成立から200年以上たち幕藩体制にひずみが生じていた時代でした。十万人という死者が出たという大飢饉をきっかけに、元幕府の役人大塩平八郎が乱を起こしたり、西欧列強の影が忍び寄り蘭学者が弾圧されるなど、世情と生活のダブルの不安が日本人の心をとらえていたのです。
良寛さんの悩み苦しみへの解決策は、時代を超えて私たちを開放してくれるにちがいありません。

目次

  • 良寛の人生について
  • 第一章 悩まずに生きる
  •  気ままに生きるのもいいものだ
  •  欲張りをやめたら幸せが見えてくる
  •  何物にも逆らわずに生きていく
  •  安請け合いは信用を失う
  •  不幸にあったことを悔やみなさんな
  •  何も言われても気にせずに生きる
  •  愚かすぎてもダメ、賢すぎてもダメ
  •  迷いがあるのが自然な姿 他
  • 第二章 純真に生きる
  •  今ある幸せに満足して生きる
  •  自分にふさわしい生き方を見つける
  •  持っているものに執着しない
  •  一人の時間を大切にする
  •  人にはそれぞれの生き方がある
  •  人を大切にしている人大切にされる
  •  純真な心に返る時間をつくる
  •  お金にくらむと心がひもじくなる 他
  • 第三章 楽しく生きる
  •  人生を楽しむことに意味を求めない
  •  あらゆるものに愛情を注いで生きる
  •  和気あいあいの雰囲気に囲まれよう
  •  子供心をいつまでも持ち続ける
  •  静かな夜に心の中で音楽を演奏する
  •  多忙が幸せ? のんびりが幸せ? 他

製品情報

製品名 こころ自由に生きる練習 良寛88の言葉
著者名 著:植西 聰
発売日 2013年03月20日
価格 定価 : 本体876円(税別)
ISBN 978-4-06-272797-6
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:植西 聰(ウエニシ アキラ)

植西 聰──うえにし・あきら 東京都出身。著述家。学習院高等科、同大学卒業後、資生堂に在職。独立後、「心理学」「東洋思想」「ニューソート」などに基づいた人生論の研究に従事。1986年、研究成果を体系化した『成心学』理論を確立し、著述活動を開始する。1995年、「産業カウンセラー」(労働大臣認定資格)を取得。
著者には、70万部のベストセラーとなった『折れない心をつくるたった1つの習慣』(青春出版社)や『いいことがいっぱい起こる! ブッダの言葉』(三笠書房)に代表される累計50万部を超える「いいことがいっぱい起こる!」シリーズほかがある。

オンライン書店で見る