私は、こんな人になら、金を出す!

講談社+α新書
ワタシハコンナヒトニナラカネヲダス
私は、こんな人になら、金を出す!
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

プロ野球参入で話題になったDeNA。その創業時から事業を見守り、外部取締役として経営のアシストを続けたベンチャーキャピタリストがいる。組織としてのベンチャー支援に限界を感じ、みずから投資事業有限責任組合を設立した。投資を集めた段階で舞い上がってしまう起業家を叱咤し、精密な事業計画を作らせ、新興企業の発展に尽くしてきた。カリスマ投資家が語る「伸びるベンチャー企業」の条件とは。


プロ野球球団のオーナーになるまで成長したDeNA。その創業時から事業を見守り、外部役員として経営のアシストを続けたベンチャーキャピタリストがいる。
組織としてのベンチャー支援に限界を感じ、個人資産に、堀場製作所の堀場雅夫氏の個人出資などを合わせ、投資事業有限責任組合を設立した。
投資を集めた段階で舞い上がってしまう起業家を叱咤し、精密な事業計画を作らせ、みずからも経営陣の一角として、新興企業の発展に尽くしてきた。
これまでに1万人近くの起業家と面談し、数十件の投資案件を抱えて奔走するベンチャーキャピタリストが悟った「伸びる起業家の条件」「ベンチャーに立ちはだかる七つの壁と克服法」とは。

目次

  • 1、DeNAの苦悩と栄光
  • ・ヤフーオークションに惨敗
  • ・破綻ギリギリの資金調達
  • ・「モバオク」で見えた新市場
  • 2、私はこんな人になら金を出す!
  • ・未来に対して真面目な人
  • ・1週間で成長できる人
  • 3、起業家に立ちはだかる七つの壁
  • ・デスバレーの恐怖
  • ・「キャズム越え」の試練
  • 4、独立系ベンチャー・キャピタルのダイナミズム
  • ・混沌に立ち向かう仕事
  • 5、私がベンチャー・キャピタルになるまで
  • 6、起業の現場を追体験する「創業物語」
  • ・新しいコンピュータ言語に着目
  • ・水宅配の常識を変える
  • 7、起業を志す皆さんへ
  • ・起業家になるための「仮説思考」
  • ・今後のトレンドとは

製品情報

製品名 私は、こんな人になら、金を出す!
著者名 著:村口 和孝
発売日 2013年05月21日
価格 定価 : 本体838円(税別)
ISBN 978-4-06-272773-0
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:村口 和孝(ムラグチ カズタカ)

1958年徳島県生まれ。1984年に慶応義塾大学経済学部卒業後、証券系ベンチャー・キャピタルの(株)日本合同ファイナンス(現・ジャフコ)入社。1998年に独立し、個人資産も投じて、日本初の個人型ベンチャー・キャピタル「日本テクノロジーベンチャーパートナーズ投資事業組合(NTVP)」を立ち上げた。
これまで出資した、DeNA、インフォテリア、阿波製紙、ウォーターダイレクトなど6社が株式上場(店頭公開含む)に成功。通算成績でキャピタルゲイン250億円と、独立系ベンチャー・キャピタリストとしては、日本随一の実績を収めている。

関連シリーズ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス