人生を狂わせずに親の「老い」とつき合う──「介護崩壊」時代に親子の絆を守る

講談社+α新書
ジンセイヲクルワセズニオヤノオイトツキアウカイゴホウカイジダイニオヤコノキズナヲマモル
  • 電子あり
人生を狂わせずに親の「老い」とつき合う──「介護崩壊」時代に親子の絆を守る
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 高齢者を専門にする医師がすでに直面している、知られざる「介護崩壊」の実態──。
 現在の54歳以下は出生率2.0世代、つまり、きょうだい2人で両親を看取らなければならなくなった世代です。この不況下において、老親の介護が必要になったらどうなるか、その結果として、すでに介護離職は年間15万人を超えるまでになっているという驚愕の実態があります。
 これから20年にわたって高齢化がどんどん進み、85歳以上人口が激増します。その時、在宅介護など論外、家族ではもう支えられないことは明らかです。
 問題は介護の話に止まりません。生産年齢人口が急速に減少する中、女性も、男性も、親の介護のために離職せざるを得なくなる。それはつまり、経済活動の担い手がさらに減り、この国全体が沈んでいってしまうことにつながります。
 対策としてはひとつしかありません。国策として施設介護を充実させ、「職業としての介護」を充実させていくこと。本格的な介護地獄が始まる前に、国民一人ひとりが声をあげ、高齢社会を皆で共に生き抜くことができる社会インフラ作りが必須です。
 漠然と感じていながらまだ多くの人が理解できていない現実を、高齢者を専門とする医師が白日の下に晒し、社会レベル・個人レベルの対策を指し示す、救世の一冊です。

目次

  • 序 章 すでに始まっている「介護崩壊」
  • 第1章 あなたの人生を、老親介護が狂わせる
  • 第2章 「家族で看取る美風」は大ウソ!
  • 第3章 85歳以上の人口爆発で介護は破綻する
  • 第4章 介護崩壊時代の「高齢者の医者選び」
  • 第5章 介護崩壊時代の「賢い介護保険の使い方」
  • 第6章 介護崩壊時代の「介護資源の知識と使い方」
  • 第7章 成年後見と親の財産管理の基礎知識

製品情報

製品名 人生を狂わせずに親の「老い」とつき合う──「介護崩壊」時代に親子の絆を守る
著者名 著:和田 秀樹
発売日 2012年02月21日
価格 定価 : 本体876円(税別)
ISBN 978-4-06-272747-1
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:和田 秀樹(ワダ ヒデキ)

1960年、大阪府に生まれる。1985年に東京大学医学部を卒業し、東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学学校国際フェローを経て、精神科医。国際医療福祉大学大学院教授。一橋大学国際・公共政策大学院特任教授。専門は老年精神医学、精神分析学、集団精神療法学。
著書には、『老人を殺すな!』(ロングセラーズ)、『家族がボケる前に読む本』(健康人新書)、『間違いだらけの老人医療と介護』(講談社+α文庫)などがある。

オンライン書店で見る