「まわり道」の効用――画期的「浪人のすすめ」

講談社+α新書
マワリミチノコウヨウカッキテキロウニンノススメ
「まわり道」の効用――画期的「浪人のすすめ」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

負けたときこそ「自分の武器」を探すチャンス!
考えて、考え抜いてタフになれ!
2浪で早稲田大学合格、メジャーリーガーにもなった異色の男が語る「弱者が勝つ戦略」!!

周りには、バケモノみたいな選手が掃いて捨てるほどいる。僕の身体能力など知れたものだった。彼らに比べれば、プロ野球選手としての僕の才能は、けっして豊かとはいえなかった。いや、はっきり劣っていた。だからこそ僕は、その差をどうカバーするか常に考え、試行錯誤をくり返し、長いトンネルを進んできた。まわり道の時間、考える時間があったからこそ、プロ野球選手の平均在籍期間が約9年のところ、44歳まで一軍でプレーし続けることができたと思っている。たぶん人間というのは、才能や能力以上に、「あれをやろう、これにもトライしたい」という思いの強さによって、その先の人生のあり方が違ってくる。

●最短距離の人生なんてつまらない
●探究心の有無が成長を左右する
●27球主義を生んだ逆転の発想
●「7割」で勝つ技術
●「ど真ん中」で打ち取る投球術
●「平凡な自分」を受け入れる
●5年刻みの目標設定
●「準備」ですべては決まる
●絶対に「隙」を見せない
●元エースの敗戦処理担当

製品情報

製品名 「まわり道」の効用――画期的「浪人のすすめ」
著者名 著:小宮山 悟
発売日 2010年09月23日
価格 定価 : 本体838円(税別)
ISBN 978-4-06-272677-1
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社+α新書

関連シリーズ