えこひいきされる技術

講談社+α新書
エコヒイキサレルギジュツ
  • 電子あり
えこひいきされる技術
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

今東光、開高健、柴錬仕込みのワザとは? 「大物」たちをその気にさせた伝説の超処世術。見事なまでに他人を舞い上がらせる技術とは!? 元『週刊プレイボーイ』編集長による、自分の短所ですら武器に変えて、相手を自分のファンにしてしまう、究極の「人たらしコミュニケーション」の技術が満載!


今東光、開高健、柴錬仕込みのワザとは?
「大物」たちをその気にさせた伝説の超処世術
元『週刊プレイボーイ』編集長が伝授する、チャーミングで情熱的な人間関係のつくり方

人生は“えこひいき”されてなんぼのものである。じっさい民主主義では表向きのフォーマットとして、平等が美徳のごとくいわれている。が、実人生は“えこひいき”されないと出世だっておぼつかない。 恋愛は、最大の“えこひいき”のゲームである。だが、一般論として“えこひいき”は公平を欠くものだと思われている。しかし、わたしのいう“えこひいき”とは、上質な脳みそに裏打ちされた“えこひいき”のことだ。安っぽい“えこひいき”は国や会社を滅ぼすが、上質な脳みそに裏打ちされた“えこひいき”は必ず文化を生み出す。 上質な脳みそに裏打ちされた多くの“えこひいき”がなかったら、わたしの時代の「週刊プレイボーイ」は、毎週100万部は売れなかったことだろう。

●こうやって「大物」と仲良くなった
●こうすれば誰とでも仲良くなれる
●1.初対面の作法
●2.継続させる作法
●3.一線を越えない作法
●4.聞き上手の作法
●5.甘える作法
●6.手紙の作法
●7.じかあたりの作法
●8.馴染みになる作法

製品情報

製品名 えこひいきされる技術
著者名 著:島地 勝彦
発売日 2009年11月20日
価格 定価 : 本体838円(税別)
ISBN 978-4-06-272620-7
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社+α新書

関連シリーズ

オンライン書店で見る