ニオイをかげば病気がわかる

講談社+α新書
ニオイヲカゲバビョウキガワカル
  • 電子あり
ニオイをかげば病気がわかる
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「肉が腐ったようなむかむかしたニオイがするときは、肺や呼吸器系の病気が疑われます。おもに空気の通り道の炎症によるニオイで、鼻やのど、気道に炎症を起こすとそこに細菌が増殖するためににおうのです――」(本文より)。病気と「におい」の不思議な関係が明らかにがん患者の呼気を嗅ぎ分ける犬の秘密から、糖尿病、精神疾患、肝臓病特有の体臭、さらには足の悪臭と抗酸化物質の関係まで、病気とにおいの最新研究を初公開!

目次

  • はじめに
  • 第1章 がんには特有のニオイがある
  • 第2章 ニオイと抗酸化物質の謎
  • 第3章 謎に満ちた嗅覚のメカニズム
  • 第4章 生物の進化に関わる嗅覚
  • 第5章 人間にフェロモンは存在するのか
  • 第6章 体臭の原因と対策
  • おわりに

製品情報

製品名 ニオイをかげば病気がわかる
著者名 著:外崎 肇一
発売日 2009年06月20日
価格 定価 : 本体838円(税別)
ISBN 978-4-06-272586-6
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社+α新書

オンライン書店で見る