子どもの「パン食」は今日からおやめなさい! 栄養学不要論

講談社+α新書
コドモノパンショクハキョウカラオヤメナサイエイヨウガクフヨウロン
  • 電子あり
子どもの「パン食」は今日からおやめなさい! 栄養学不要論
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

肥満、小児糖尿病、小児生活習慣病になる子どもが、ものすごい勢いで増えています。私は20年以上にわたって、食生活改善の指導を医療機関などで行ってきていますが、いまでは、ほとんどが保育園や幼稚園の食事指導になっています。子どもに、どうやって正しい食事をとらせるか。大変大事なことですが、これは、本書でこれからお話ししていく「食生活の基本」を実践しさえすればすぐに改善できて、効果も上がるものなのです。

目次

■一時間目 子どもの食と体が危ない
大人と子どもの食事は違う
子どもは「食」の被害者
子どもの食事をよくするのは簡単
小児肥満の急増という危険サイン
脂肪だらけの子どもと若者
子どもの脂肪はアメリカを超えた
スナック菓子、ジュースの恐怖
キレる子どもと低血糖症
学力と脳と食事には密接な関連が


■二時間目 脂肪まみれの日本人女性?
日本人女性の命運を分けた日
米を減らして油を増やす女性たち
パン食志向で砂糖・油まみれに
三〇代に乳がんが激増する理由


■三時間目 間違いだらけの栄養教育
壮大なアメリカの小麦戦略
五〇年で半減したごはん摂取量
貧しくなった日本人の副食
栄養のバランスなどいらない!
コロコロ変わる栄養学の主張
寒冷地の学問が日本に合うか?
世界一主食のおいしい国・日本
輸入小麦が女性の体を悪くした


■四時間目 給食の怪談
給食ほどデタラメな食事はない
ご都合主義の行政指導
増える「完全米飯給食」導入校
本当の「食育」とはなにか?
「食わず嫌い」にはわけがある
高カロリーを好むのは動物の本能
子どもは食べるべき量がわかる
“常に完食”の大人がおかしい
胃袋で食べる子、目で食べる親
「子どものための食事」など不要
「心」でも食べる厄介な大人
不健康を広めただけの栄養学
子どもに訊けば、答えがわかる


■五時間目 ヒトはなにを食べて生きてきたのか
「管理栄養士」の正体
徒歩で日本縦断をして得た真理
長寿村との出合い
さまざまな民間食療法を体験
民間食療法とは「修行」だった
ジャンクフードの大実験
ある女子大生の栄養失調死事件
風土は「FOOD」
フランクリン探検隊の悲劇
「もったいない」こそ生きる知恵
食事は「その人」を雄弁に語る
アトピー性皮膚炎児はどうするか
「早すぎる離乳食」は危険


■六時間目 いますぐ実践できる究極の七ヵ条
食生活、七つの提案

製品情報

製品名 子どもの「パン食」は今日からおやめなさい! 栄養学不要論
著者名 著:幕内 秀夫
発売日 2007年09月21日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-272456-2
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社+α新書

オンライン書店で見る