食べる日本語

講談社+α新書
タベルニホンゴ
  • 電子あり
食べる日本語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ほんとうに、日本語はそんなにむつかしいのでしょうか。乱れているのでしょうか。そうだとすれば、そのむつかしい日本語を正しく、巧みに使いこなすにはどうすればいいのか。かつては「豊葦原瑞穂国(とよあしはらみずほのくに)」であり、今や世界に冠たる「グルメ大国」であるこの国にふさわしく、「食」の言葉のあれこれから日本語を考えてみたいと思います。


ご飯、ライス、めし、3つの言葉どう違う?
「食う」と「食べる」の語源は同じ? 「ウナギ文」とは? 美味しい日本語の不思議!!
ことわざ、地名、色名にも食べる言葉がいっぱい!

「米」「rice」「ライス」「めし」「ご飯」。一見、同じように見えるこれらが、実ははっきり、あるいは微妙に異なるそれぞれ別のものだ、というところに日本語のむつかしさがある、と言われています。こんなむつかしい日本語を正確に使い分けるのは容易なことではありません。「日本語が乱れている」という声が高まるのも当然のことかもしれません。しかし、ほんとうに、日本語はそんなにむつかしいのでしょうか。乱れているのでしょうか。そうだとすれば、そのむつかしい日本語を正しく、巧みに使いこなすにはどうすればいいのか。かつては「豊葦原瑞穂国(とよあしはらみずほのくに)」であり、今や世界に冠たる「グルメ大国」であるこの国にふさわしく、「食」の言葉のあれこれから日本語を考えてみたいと思います。

●「ご飯」と「ライス」はどう違う?
●「女房詞」と「文字言葉」
●「食べる」の意外な語源
●「ら抜き言葉」はおかしくない
●鮎はナマズなのだ
●「ウナギ文」ってなんだ?
●食べもの言葉に多い隠語
●私家版「食べるいろはカルタ」
●「食べる日本語」の勘どころ
●「大根役者」はほめ言葉?

目次

  • まえがき
  • 第一章 「米」をめぐる言葉の不思議
  • 「ご飯」と「ライス」はどう違う?
  • 海産物がなくても「山海の珍味」
  • パン食なのに朝飯と言うわけは?
  • 山盛りご飯の由緒
  • 「ご馳走」とは駆けまわること
  • 死語になった「紅箸」
  • 「箸と茶碗」より大切なもの
  • ご飯を入れるのに、なぜ茶碗?
  • 第二章 日本語は世界の変わり者
  • 言葉の婦人専用車
  • 「女房詞」と「文字言葉」
  • 男は「食う」女は「食べる」
  • 「食べる」の意外な語源
  • 緑色の蚕豆がなぜ「青物」?
  • ブラックティーが「紅茶」のわけ
  • 難波の葦は伊勢の浜荻
  • チンチンとは黒鯛のこと
  • 方言

製品情報

製品名 食べる日本語
著者名 著:塩田 丸男
発売日 2006年05月20日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-272376-3
判型 新書
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社+α新書

関連シリーズ

おすすめの本

オンライン書店で見る