朝日新聞記者が書いたアメリカ人「アホ・マヌケ」論

講談社+α新書
アサヒシンブンキシャガカイタアメリカジンアホマヌケロン
朝日新聞記者が書いたアメリカ人「アホ・マヌケ」論
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

新聞では全部ボツにした危ない話・本当すぎる話!!
アメリカを動かすのはネオコンでも中道派でもない!全米200以上の街で取材した特派員ルポの集大成。日本人が知らないアメリカの「深奥部」の底流に迫る!

朝日新聞には、世界各地の特派員が日々の生活を書きつづる、軽い内容の連載コラムがあった。「特派員メモ」という。人気のある名物コラムで、僕も何本か、ばかばかしいのを特に選り分け、書き送った。手前味噌を許してもらえば、読者からちょっとした好評を得た。それならば、もっと自由に、たくさん書いてみようと、会社の看板を忘れて書きためていったのが、このメモである。ただ、自分の目で確かに見たこと、歩いて感じた空気だけは、自信をもって伝えることができる。世紀の接戦となった大統領選挙を間近に取材し、デトロイトの危険なゲットーを、夜、用もないのに徘徊し、そのどちらもそれなりに楽しんできた記者は、そんなに多くはないはずだから。

●日本人が右往左往するアメリカ流
●チップが難しい本当のわけ
●世界一こわい場所
●日本人を見分ける方法
●悲しき社畜電車
●アメリカ人のトイレの作法
●白人が誇りを保つ最後のスポーツ
●善意の集合体から飛んでくる爆弾
●戦時下でも、笑っていいとも
●アメリカ白人はアホでマヌケか?

製品情報

製品名 朝日新聞記者が書いたアメリカ人「アホ・マヌケ」論
著者名 著:近藤 康太郎
発売日 2004年07月22日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-272267-4
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社+α新書