体調予報―天気予報でわかる翌日のからだ

講談社+α新書
タイチョウヨホウテンキヨホウデワカルヨクジツノカラダ
  • 電子あり
体調予報―天気予報でわかる翌日のからだ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「眼からウロコが落ちるとよく言いますが5枚ほどおちました」──久米宏氏、推薦! インフルエンザ、喘息、アレルギー、頭痛、冷え、鬱……さまざまな原因不明の体調不良・変動は「天気」を見ればすべて理由がわかる! 予測できる! 画期的方法とノウハウを、このジャンルにおける日本の第一人者が懇切丁寧に教示。今日から天気予報を見るだけで準備と備えができるようになる、「悩める症状」を持つすべての人を救う1冊。


「眼からウロコが落ちるとよく言いますが5枚ほど落ちました」――久米宏

テレビの番組で「インフルエンザ予報」をしたことがあります。寒い冬の季節になぜ風邪が流行るのか調べてみると、意外に答えは単純で、「寒くて空気が乾燥しているから」でした。気温が低く、空気が乾燥した状態で、人の体力は低下し抵抗力が弱まる一方、インフルエンザウイルスは元気になります。健康管理の1つとして、低温低湿度の気象条件に対する注意は必要なのです。「インフルエンザ予報」はかなり好評でした。晴れるのか雨なのか、寒いか暖かいかではなく、風邪にかかりやすい日かそうではないのかといいかえたことで、見ている人の印象に残ったようです。天気予報を「体調予報」にかえたら、使える天気予報となりました。

目次

  • 第1章 花粉症と日本海低気圧
  • 第2章 アレルギー症状と春の移動性高気圧
  • 第3章 喘息に注意。秋の移動性高気圧
  • 第4章 頭痛の季節、梅雨をつくる前線
  • 第5章 熱帯並みの暑さ、太平洋高気圧
  • 第6章 インフルエンザとシベリア高気圧
  • 第7章 台風、温暖化、酸性雨の脅威

製品情報

製品名 体調予報―天気予報でわかる翌日のからだ
著者名 著:河合 薫
発売日 2001年02月20日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-272060-1
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:河合 薫(カワイ カオル)

健康社会学者・博士(Ph.D.、保健学)。気象予報士。
東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。
千葉大学教育学部を卒業後、全日本空輸株式会社に入社。気象予報士として、テレビ朝日系「ニュースステーション」などに出演。その後、東京大学大学院医学系研究科に進学し、現在に至る。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークし、その数は600人に迫る。長岡技術科学大学、東京大学、早稲田大学などで非常勤講師を歴任。

オンライン書店で見る