エジプトミイラ五000年の謎

講談社+α新書
エジプトミイラゴセンネンノナゾ
エジプトミイラ五000年の謎
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

来世で永遠に生きる魂が帰ってくる場所!!
計1000万人の古代エジプト人がミイラになった。死んだ後には幸せな来世があると信じて。究極の肉体保存法と独特の死生観を明かす!

ミイラといえばエジプト、エジプトといえばミイラ。それぐらいは、どなたもすでにご存じだろう。だが、それ以上となると、案外知られていないことが多いのではないだろうか。いくつか例をあげよう。たとえば、ミイラは何のためにつくられたのか。エジプトのどこでつくられたのか。また、ツタンカーメンをはじめとする古代エジプトのファラオたちのミイラは、どこで発見されたのか。そして現在どこにあるのか。そもそも原点にたちかえって、ミイラとはいったい何なのか。この素朴のきわみともいうべき問いに正確に答えられる人が、いったい何人いるだろう。単に「死体に包帯をぐるぐる巻にしたもの」というような答え方しかできないようでは、失格である。

目次

  • プロローグ 156体との対面
  • 第1章 なぜ、どうやって、つくられたか
  • 第2章 ミイラに人権はあるか
  • 第3章 ツタンカーメンのミイラの秘密
  • 第4章 日本に来たミイラたち
  • 第5章 ファラオのミイラはどこへ
  • あとがき
  • 参考文献
  • 年表

製品情報

製品名 エジプトミイラ五000年の謎
著者名 著:吉村 作治
発売日 2000年07月19日
価格 定価 : 本体780円(税別)
ISBN 978-4-06-272026-7
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社+α新書