闇のなかの赤い馬

文芸(単行本)
ヤミノナカノアカイウマ
闇のなかの赤い馬
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

聖ミレイユ学園で神の怒りとしか思えない悲劇があいついだ。ウォーレン神父は校庭の真ん中で落雷に遭って焼け死に、さらにベルイマン神父が密室と化したサンルームで、人体自然発火としか考えられない無残な焼死体となって発見されたのだ。
「汎虚学研究会」はみんなからキョガクの連中とよばれる、ちょっと浮世離れしたメンバー4人で構成されている。部長は僕、室井環。中でも好奇心のかたまり、フクスケは女ホームズと化し、ワトソン役に僕を指名した。ベルイマン神父の死は殺人に違いないというのだ。僕は夜ごと見る、狂った赤い馬の悪夢でそれどころじゃないのだが……。

製品情報

製品名 闇のなかの赤い馬
著者名 著:竹本 健治
発売日 2004年02月01日
価格 定価 : 本体1,900円(税別)
ISBN 978-4-06-270569-1
判型 四六変型
ページ数 252ページ