魔女の死んだ家

文芸(単行本)
マジョノシンダイエ
魔女の死んだ家
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

昔、あたしは高い石の塀で囲まれた大きなおうちに、おかあさまとばあやとねえやと四人で暮らしていた。うちにはお客さまのない日の方がめずらしいくらい。お客さまたちのことを、おかあさまの「すうはい者」と呼ぶのだとばあやは教えてくれた。ある春のこと、おかあさまはピストルで殺された。その日のことをあたしはよく夢に見る。「魔女だからね。魔女は昔から火炙りに決まっているからね。」という男の人の声が聞こえる。すると急にあたしは自分の手の中に硬い冷たいピストルの感触を覚えるのだった……。充実の一途を辿る著者がくりひろげる耽美の世界、もつれた謎が鮮やかに解き明かされるエンディングをご堪能ください。

製品情報

製品名 魔女の死んだ家
著者名 著:篠田 真由美
発売日 2003年10月31日
価格 定価 : 本体1,900円(税別)
ISBN 978-4-06-270565-3
判型 四六変型
ページ数 276ページ