私立霊界高校 NOBUNAGA降臨

YA! ENTERTAINMENT
シリツレイカイコウコウノブナガコウリン
  • 電子あり
私立霊界高校 NOBUNAGA降臨
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

舞台は20XX年、帝都東京にある「私立霊界高校」。この学園の学園祭にあたる「霊界祭」のメイン・イベント、「Reikai high school Girls and Boys Collection」のランウェイに突如現れたのは、バサラ姿に身を包んだ織田信長と蘭丸・坊丸・力丸の三人の小姓であった。

セレブの子弟で、なおかつ「視える」能力をもっていないと敷地に入ることも許されない学園では、全教科において、歴史上の偉人を召喚し、授業をおこなっている(現国だったら森鴎外、数学だったらフェルマー、物理だったらアインシュタインを召喚する)。能力者だらけの学園を舞台に、信長がこだわる「本能寺の変」の首謀者探しに付き合わされることに……。

目次

  • 第一幕 霊界祭 開幕
  •  1 「RGBC」
  •  2 イケメン転校生
  •  3 信長召喚
  •  4 本能寺インタビュー
  •  5 召喚ミステイク
  •  6 喧嘩上等!
  •  7 タイムリミット
  • 第二幕 霊界寮
  •  1 信長のお泊まり
  •  2 風呂とフレンチ
  •  3 女子寮いいとこ
  •  4 ボーイズラブ
  •  5 黒幕いろいろ
  •  6 白人さん、いらっしゃい
  •  7 猿の弁舌
  • 第三幕 霊界祭 閉幕
  •  1 光秀の告白
  •  2 男と女の告白タイム
  •  3 黒猫のしわざ?

製品情報

製品名 私立霊界高校 NOBUNAGA降臨
著者名 著:楠木 誠一郎
発売日 2014年07月11日
価格 定価 : 本体950円(税別)
ISBN 978-4-06-269484-1
判型 四六
ページ数 224ページ
シリーズ YA! ENTERTAINMENT

著者紹介

著:楠木 誠一郎(クスノキ セイイチロウ)

1960年、福岡県生まれ。日本大学法学部卒業後、歴史雑誌編集者を経て作家となる。『十二階の柩』(講談社)で小説デビュー。『名探偵夏目漱石の事件簿』(廣済堂出版)で第8回日本文芸家クラブ大賞受賞。青い鳥文庫『タイムスリップ探偵団』シリーズ、YA! ENTERTAINMENT『タイムスリップ・ミステリー!』シリーズなど、著書多数。

オンライン書店で見る