江戸の怪奇譚

エドノカイキタンヒトハコンナニモオソロシイ
江戸の怪奇譚
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人はこんなにも恐ろしい

口から針を吐く少女。殺人鬼に豹変したまじめな旗本。遊女の亡霊のしわざか、物の怪の悪戯か――今も昔も本当に怖いのは、人の心の闇が生んだ「現実」。

なんらかの事情で養育者のない赤ちゃんを養育金付きで引き取り、殺してしまう残忍無比の犯罪――。
とはいえ、もらい子殺人は江戸でしばしば繰り返されていたようです。心優しい読者の中には、人情味あふれる江戸の町で、子殺しが行われたとは考えられないという人もいるかもしれません。でも悲しいかな、現実にもう一歩踏み込めば、「天国」はまぎれもない「地獄」と背中合わせだったのです。――<「奇病」より>

製品情報

製品名 江戸の怪奇譚
著者名 著:氏家 幹人
発売日 2005年12月17日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-269260-1
判型 A5
ページ数 254ページ
シリーズ The New Fifties

おすすめの本