狐罠

講談社文庫
キツネワナ
  • 電子あり
狐罠
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

店舗を持たず、自分の鑑定眼だけを頼りに骨董を商う「旗師」宇佐見陶子。彼女が同業の橘薫堂(きくんどう)から仕入れた唐様切子紺碧碗は、贋作だった。プロを騙す「目利き殺し」に陶子も意趣返しの罠を仕掛けようとするが、橘薫堂の外商・田倉俊子が殺されて、殺人事件に巻き込まれてしまう。古美術ミステリーの傑作長編。(講談社文庫)


店舗を持たず、自分の鑑定眼だけを頼りに骨董を商う「旗師」宇佐見陶子。彼女が同業の橘薫堂(きくんどう)から仕入れた唐様切子紺碧碗は、贋作だった。プロを騙す「目利き殺し」に陶子も意趣返しの罠を仕掛けようとするが、橘薫堂の外商・田倉俊子が殺されて、殺人事件に巻き込まれてしまう。古美術ミステリーの傑作長編。

製品情報

製品名 狐罠
著者名 著:北森 鴻
発売日 2000年05月12日
価格 定価 : 本体770円(税別)
ISBN 978-4-06-264854-7
判型 A6
ページ数 520ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’97年5月小社より単行本として刊行された。

関連シリーズ

オンライン書店で見る