海将(上)

講談社文庫
カイショウジョウ
  • 電子あり
海将(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

堺の薬問屋・小西隆佐は、まだ信長の家臣の1人にすぎない羽柴秀吉に己と一族の将来を賭ける。時は天正、西国の毛利家に対抗するための要となる備前・宇喜多家へ、隆佐は手塩にかけて育て跡継ぎと考えていた18歳の弥九郎を送り込む。わずか10数年後に24万石大名となる小西行長の若かりし日を描いた傑作長編(講談社文庫)。


堺の薬問屋・小西隆佐は、まだ信長の家臣の1人にすぎない羽柴秀吉に己と一族の将来を賭ける。時は天正、西国の毛利家に対抗するための要となる備前・宇喜多家へ、隆佐は手塩にかけて育て跡継ぎと考えていた18歳の弥九郎を送り込む。わずか10数年後に24万石大名となる小西行長の若かりし日を描いた傑作長編。

目次

  • 第一章 琵琶湖
  • 第二章 養子入り
  • 第三章 おふくさま
  • 第四章 宇喜多直家
  • 第五章 中国攻め
  • 第六章 使者
  • 第七章 水軍の闘い

製品情報

製品名 海将(上)
著者名 著:白石 一郎
発売日 1999年09月14日
価格 定価 : 本体667円(税別)
ISBN 978-4-06-264669-7
判型 A6
ページ数 446ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る