人間らしい死を迎えるために

講談社文庫
ニンゲンラシイシヲムカエルタメニ
  • 電子あり
人間らしい死を迎えるために
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

苦痛の治療を選ぶのか? 安らぎのある死を選ぶのか? ーー病院のベッドで、ロボットのように多数のチューブにつながれ、耐えがたい苦しみに耐えて、ようやく迎える死。もっと苦痛をやわらげる医療はないのか? ガンにかかり、死が避けられぬものと分かったとき、激痛を回避する、安らぎのある死を求める人々を描いた、感動の書。(『ルポルタージュ、終末期医療』から改題)


苦痛の治療を選ぶか、安らぎのある死か──。
病院のベッドで、ロボットのように多数のチューブに繋がれ、耐えがたい苦しみに耐えて、ようやく迎える死。もっと苦痛をやわらげる医療はないのか。癌にかかり、死が避けられぬものと分かったとき、激痛を回避する、安らぎのある死を求める人々を描いた、感動の書。
『ルポルタージュ、終末期医療』改題

製品情報

製品名 人間らしい死を迎えるために
著者名 著:宇都宮 直子
発売日 1998年02月13日
価格 定価 : 本体552円(税別)
ISBN 978-4-06-263706-0
判型 A6
ページ数 238ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’95年、日本経済新聞社刊の『ルポルタージュ終末期医療』を改題

おすすめの本

オンライン書店で見る