深川澪通り燈ともし頃

講談社文庫
フカガワミオドオリヒトモシゴロ
  • 電子あり
深川澪通り燈ともし頃
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

江戸で5指に入る狂歌師となった政吉は、野心のあまり落ちこぼれて行くが、唯一救いの燈がともっていて・・・。幼い頃親を失ったお若は、腕のよい仕立屋になれたが、1人の心細さがつのる時は、まっすぐに深川澪通りに向って・・・。辛い者、淋しい者に、無条件に手をさしのべる木戸番夫婦を描く、傑作時代長編。(講談社文庫)


江戸で5指に入る狂歌師となった政吉は、野心のあまり落ちこぼれて行くが、唯一救いの燈がともっていて・・・。幼い頃親を失ったお若は、腕のよい仕立屋になれたが、1人の心細さがつのる時は、まっすぐに深川澪通りに向って・・・。辛い者、淋しい者に、無条件に手をさしのべる木戸番夫婦を描く、傑作時代長編。

目次

  • 第一話 藁
  •  一大事
  •  祝宴
  •  朝帰り
  •  朝寝の死
  •  不満
  •  崩壊
  •  明りの色
  •  絶縁
  •  燈ともし頃
  • 第二話 たそがれ
  •  夕立
  •  しじまの鐘
  •  澪通り
  •  嵐のあと
  •  心のしみ
  •  怪我
  •  姉弟
  •  長い道

製品情報

製品名 深川澪通り燈ともし頃
著者名 著:北原 亞以子
発売日 1997年09月12日
価格 定価 : 本体780円(税別)
ISBN 978-4-06-263609-4
判型 A6
ページ数 468ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’94年11月に、小社より刊行

オンライン書店で見る