箱庭

講談社文庫
ハコニワ
  • 電子あり
箱庭
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

セピアに色褪せた写真のセーラー服の2人の少女。義姉・和子宛に届いた封筒にあるのはその一葉と謎めいた脅迫の言葉。相談をうけた浅見光彦は益田の消印を手がかりに独自の捜査を始めるが安芸の宮島と岩国で発見された2つの死体に、謎の手紙とを結ぶ糸を直観するのだった。(講談社文庫)


義姉あての謎の手紙を手に浅見光彦は宮島へ。中学時代の記念写真を同封して届けられた手紙。義姉の和子が巻きこまれた怪事件を追う浅見だが、2つの死体と脅迫事件を結ぶ糸は何か?文芸ミステリ-第3弾!!

目次

  • プロローグ
  • 第一章 兄嫁の秘密
  • 第二章 厳島神社
  • 第三章 コッペリア
  • 第四章 紅葉谷公園の墓
  • 第五章 ダイシンヴィラ303号室
  • 第六章 幸福な風景
  • 第七章 警察不信
  • 第八章 物的証拠
  • 第九章 落日はまた昇る
  • エピローグ
  • 自作解説

製品情報

製品名 箱庭
著者名 著:内田 康夫
発売日 1997年03月06日
価格 定価 : 本体733円(税別)
ISBN 978-4-06-263369-7
判型 A6
ページ数 486ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’93年11月、単行本として、’95年12月ノベルス版として小社より刊行

オンライン書店で見る