銀河列車の悲しみ

講談社文庫
ギンガレッシャノカナシミ
  • 電子あり
銀河列車の悲しみ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

奇妙な出来事の数々は、壮大なドラマの前兆だった。誘拐と間違われた少女が無事もどって、銀河鉄道の夜を体験したと語り、ゴジラに襲われたと訴える青年が現われる。そして蒸気機関車に引かれたミステリアス銀河列車が60人の乗客とともに消えて殺人事件が……。犯人の狙いはなに? 牛深警部の推理は! (講談社文庫)


不可解な犯人の狙いは何。
奇妙な出来事のかずかずは壮大なドラマの前兆か。60人の乗客とともに消えた列車は何処。

奇妙な出来事の数々は、壮大なドラマの前兆だった。誘拐と間違われた少女が無事もどって、銀河鉄道の夜を体験したと語り、ゴジラに襲われたと訴える青年が現われる。そして蒸気機関車に引かれたミステリアス銀河列車が60人の乗客とともに消えて殺人事件が……。犯人の狙いはなに? 牛深警部の推理は!

製品情報

製品名 銀河列車の悲しみ
著者名 著:阿井 渉介 解説:島田 荘司
発売日 1996年05月14日
価格 定価 : 本体660円(税別)
ISBN 978-4-06-263249-2
判型 A6
ページ数 462ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1992年2月に小社より刊行

オンライン書店で見る